トップ > 数字経済 > 経済 > 韓国主要製造業者の営業キャッシュフロー70%減少 投資は保守的に

韓国主要製造業者の営業キャッシュフロー70%減少 投資は保守的に


第1四半期、韓国の主要製造業者が営業活動で稼いだ現金が前四半期比で大幅に減ったことが分かった。景気低迷の憂慮が大きくなる中で企業の現金創出能力が悪化しただけに、投資家は企業安定性をさらに保守的に評価し投資に乗り出すべきだという助言が出ている。

16日、金融情報会社エフアンドガイドがコスピの時価総額上位100社の製造会社のキャッシュフローを分析した結果、営業キャッシュフローが昨年第4四半期56兆4233億ウォンから今年第1四半期16兆1457億ウォンに減少したことが分かった。営業活動を通じて稼いだ現金規模が1四半期にして71%減ったのだ。サムスン電子を除いた営業キャッシュフローは35兆7888億ウォンから5兆6925億ウォンへと84%減り、減少幅がさらに大きかった。

前四半期比で保有現金が増えた企業も昨年第4四半期の58社から今年第1四半期52社に減少したことが分かった。第1四半期に営業キャッシュフローが悪化した企業としてはハンファ・HD現代などの持株会社をはじめ、ハンファ・エアロスペース・LIGネクスワン・ハンファシステムなどの防衛産業株、大宇造船海洋・サムスン重工業・現代重工業などが挙げられた。

営業キャッシュフローは企業が製品製造・販売など収益創出活動をする時に発生するキャッシュフローのことで、企業が外部資源に依存せず新規投資と株主還元、財務構造改善などができるかを判断する主要指標だ。

第1四半期の時価総額上位メーカーの営業キャッシュフローが悪化したのは、利益の質が悪化したためだ。営業利益は展望値に比べて優れていたが、在庫資産と売上債権が増加し、非金融性利益の比重が増えたと専門家たちは指摘する。会計上の利益は増えたが、売れなかった商品や集金できなかった取引代金が増え実際の会社に入ってくる現金は減ったという意味だ。営業キャッシュフローの悪化が株価に負担要因として作用する可能性があるという指摘が出ている理由だ。

第1四半期に財務キャッシュフローが大きく増えたのも株価に対する憂慮を大きくしている。営業活動に投資・財務活動で発生したキャッシュフローを加えた純現金の流れは昨年第4四半期の10兆7158億ウォンから今年第1四半期に25兆2904億ウォンに増えたが、これは金融機関から資金を借りたり新株を発行して調達した資金規模が増えた結果で、企業財務構造と株主価値に否定的に作用する恐れがあるという分析だ。通常、財務活動のキャッシュフローが減少することが肯定的なキャッシュフローと認識される。特に金利引き上げ期を控えて借入れを大幅に増やした企業は、今後負債比率が悪化する可能性もあるという指摘だ。

ロシアとウクライナの戦争、原材料価格の急騰、ウォン安などマクロ経済の悪条件が同時多発的に浮上し不確実性が高まると、企業の投資活動も減ったことが分かった。第1四半期のコスピ製造会社100か所の投資活動によるキャッシュフローは-36兆7412億ウォンから-26兆4913億ウォンに減少幅が減った。投資で支出した現金が減少したという意味だ。

金融投資業界では企業の今後の実績も良くないと見ている。メリッツ証券のイ・ジョンヨン研究員は2日、今年のコスピ上場企業の純利益が現在のコンセンサスである195兆ウォンから185兆ウォンに5%ほど下落する可能性があると見通した。KB証券のイ・ウンテク研究員も景気サイクル下降でコスピ上場企業の営業利益率が既存の8%から6%台まで下がりかねないという展望を13日に出した。 未来アセット証券も原材料価格指数と売上原価率が高くなる推移を勘案すれば、営業利益率コンセンサスが下方修正される可能性が高いと展望した。

専門家たちは、企業の業績鈍化と景気下降が始まる局面では、売上や利益成長の勢いよりキャッシュフローの改善可否に注目しなければならないと助言する。
  • 毎日経済 | カン・インソン記者
  • 入力 2022-06-16 17:48:28