トップ > 数字経済 > 企業 > 韓国初の半導体産業団地「龍仁半導体クラスター」、7月14日に着工式

韓国初の半導体産業団地「龍仁半導体クラスター」、7月14日に着工式


韓国初の半導体産業団地である京畿道(キョンギド)龍仁(ヨンイン)半導体クラスターの着工式が来月14日に開催される。

半導体業界によると来月14日に開かれる着工式行事に崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長をはじめ、金東兗(キム・ドンヨン)京畿道知事当選者、李相逸(イ・サンイル)龍仁特例市長当選者などが出席する予定であり新政権の最高位級人物も参加するという。

龍仁半導体クラスターは京畿道龍仁市遠三面(ウォンサムミョン)一帯の約415万平方メートル規模の用地に造成される。SKハイニックスはここに120兆ウォンを投じて半導体工場4か所を新設する。50社余りに達する素材・部品・装備協力業者も入居することになる。SKハイニックスは2025年に第1期ファブ(工場)を着工し2027年から本格稼動に入る計画だ。4つのファブがすべて完工すれば、SKハイニックスのウェハー基準生産能力が約40%増加する見通しだ。市場調査会社のノメタリサーチによると、昨年SKハイニックスのウェハー生産量は月198万枚に達する。龍仁半導体クラスターのファブ4基を稼動すれば月間生産量は80万枚増加する。昨年の月間ウェハー生産量を基準にサムスン電子が405万枚で1位、TSMCが280万枚で2位を記録した。続いてマイクロン、SKハイニックス、キオクシアが後に続いた。今後、龍仁ファブ4基が稼動すると仮定する場合、韓国半導体業界の生産量は台湾と米国などを圧倒する水準に増加する見通しだ。

先立って龍仁半導体クラスター事業施行会社である龍仁一般産業団地(SPC)は4月、龍仁市に着工届を提出した。5月、土地補償率が50%を越えた後には京畿道土地収用委員会に収用裁決を申請した。収用裁決は公益のために国家命令で特定物の権利や所有権を強制的に徴収し、国家や第3者の所有に移す処分を意味する。収用裁決が完了すれば、施工会社が100%所有権を得ることができる。SPCの関係者は「現在75%以上の土地補償がなされた」として「収用裁決は10月頃に完了する展望」と伝えた。

これでSKハイニックスが2019年2月、半導体クラスター造成計画を発表してから3年ぶりに着工式が開かれることになった。当初SKハイニックスは「2021年産業団地着工・2025年第1段階ファブ竣工」を計画した。しかし、土地補償が遅れ着工が見送られた。産業団地造成過程には、まだ用水供給問題が残っている。SPCの関係者は「工業用水は驪州堰(ヨジュボ)から引っ張ってきて、放流水は安城川(アンソンチョン)に送る計画」とし「用水関連承認告示を控えている」と明らかにした。電力供給計画は確定した状態だ。安城市(アンソンシ)古三面(コサムミョン)にある新安城変電所から龍仁半導体クラスター一般産業団地まで6.46キロメートル区間にトンネル式地中送電路が設置される。変電所1か所も造成される。

龍仁半導体クラスターが造成されれば、SKハイニックスと素材・部品・装備企業の協業も有機的に行われるものと見られる。先立ってSKハイニックスは協力業者の共生を強化するとし1兆2200億ウォン規模の「半導体共生クラスター」計画を発表した。SKハイニックスは第1期半導体ファブの起工に合わせて共生ファンド3000億ウォンを造成し素材・部品・装備革新企業に事業資金を無利子で融資しスタートアップ資金を支援する計画だ。龍仁半導体クラスターは、国内半導体供給網を強化するものと期待される。SKハイニックスは利川(イチョン)と清州(チョンジュ)、龍仁で三角軸を構築し、中長期成長を図る計画だ。利川はR&DとDRAM生産基地の役割を担い、清州はNAND型フラッシュ中心の生産基地として運営することになる。龍仁はDRAMと次世代メモリー生産基地であり、半導体共生の拠点になる見通しだ。
  • 毎日経済 | チョン・ユジョン記者
  • 入力 2022-06-22 17:27:01