トップ > 数字経済 > 経済 > コスピ、外国人・機関の売り越しで再度2400台割り込む

コスピ、外国人・機関の売り越しで再度2400台割り込む


前日まで3営業日連続で反発を続けていた韓国の有価証券市場(コスピ)が景気低迷の懸念から再び2400台を割り込んだ。米国の消費心理指標の不振による昨夜の米国証券市場急落と差益を狙う物量などで下落への圧力を受けたものと分析される。さらに、LGエネルギーソリューションや現代自動車など、時価総額上位企業の悪条件まで加わり株価指数を引き下げた。

29日、韓国取引所によるとコスピは前日より1.82%下落した2377.99で取引を終えた。投資家別に見れば、機関と外国人がそれぞれ5043億ウォン、2324億ウォン分を売り越した中で個人が6933億ウォン分を買い入れた。技術株中心のコスダックは0.93%下落した762.35で取引を終えた。

大信証券のイ・ギョンミン投資戦略チーム長は「最近、自律反発の展開により短期で差益を狙う心理が高まった中で、前日の米国の6月カンファレンスボードの消費者心理指数が不振で現れると景気低迷に対する憂慮が再び流入した」として「対内的には韓国期待インフレが3.3%から3.9%に上方修正され、韓国銀行が「ビッグステップ」(一度に金利0.5%ポイント引き上げ)を断行する可能性に対する警戒がファンダメンタルの不安心理を刺激した」と分析した。

時価総額上位銘柄の中では半導体の大将株であるサムスン電子とSKハイニックスがそれぞれ2.36%、1.36%下落した。LGエネルギーソリューションは1兆7000億ウォン規模の米国バッテリー工場投資計画に対する再検討のニュースが知らされ、4.63%急落した39万1500ウォンで取引を終えた。LGエネルギーソリューションと供給チェーンで縛られているL&F(-7.20%)をはじめ、SKC(-5.75%)、コスモ新素材(-5.51%)など国内二次電池素材株も弱含みとなった。

このほか、ドイツ検察の現代自動車・キア(起亜)現地法人への家宅捜索の影響で、現代自動車(-5.65%)、キア(-6.11%)、現代モービス(-3.63%)などの自動車株が一斉に急落した。カカオバンクとクラフトンは証券会社の否定的報告書が出てきて、それぞれ7.85%、8.46%急落した。

一方、中国が「新型コロナウイルスの防疫規制緩和」を発表すると、化粧品の主導株であるLG生活健康とアモーレパシフィックはそれぞれ5.79%、4.91%上昇した。原発株や再生可能エネルギー関連株も強気を見せた。CS WIND(5.66%)、斗山エナビリティ(5.60%)、斗山フューエルセル(5.20%)、韓電KPS(4.53%)などが上昇幅が大きかった。

証券街では今月の証券市場への恐怖心理が大きかっただけに来月、自律反発が出てくることもありうるが、上昇傾向への転換は難しいだろうという展望を出している。教保証券は7月のコスピ予想騰落範囲(バンド)を2350~2650と提示した。

教保証券リサーチセンターのキム・ヒョンリョルセンター長は「現在、コスピは12か月予想利益基準の株価純資産倍率(PBR)が0.9倍水準に落ちたが、これは2008年の金融危機直後や2016年のデフレーション危険拡大時期と似た衝撃が加わったもの」とし「7月の株式市場は非理性的反応により墜落した株価が適正価値水準に復元される程度の反騰相場が期待されるが、株価回復を支持するファンダメンタルモメンタム支援は制限的だろう」と見通した。

ケープ投資証券は7月のコスピ範囲を2250~2520と予想した。ケープ投資証券のチェ・ヒョンギ研究員は「国内の証券市場はエネルギー・原材料価格が傾向的に下落したり、米国経済の沈滞以後に連邦準備制度(FED)の緊縮政策が緩和されれば反騰できる」と判断した。
  • 毎日経済 | キム・グミ記者
  • 入力 2022-06-29 17:23:17