韓国銀行「最近の海外直購の動向と示唆する点」報告書

海外直購が急速に増え、今年の上半期7538億…民間消費の0.2% 

オンラインショップで海外から商品を購入して発送される「海外直購」が急速に増え、民間消費の0.2%水準まで拡大したと分析された。

16日、韓国銀行の報告書「最近の海外直購の動向と示唆する点」によると、今年の上半期の海外直購(関税庁の電子商取引の収入統計基準)の規模は727万6000件で、金額は7538億ウォンに達した。昨年の同じ期間に比べて件数で45.7%、金額では48.5%増えたレベルだ。今年の上半期、韓国経済の民間消費が370兆ウォンであることを考慮すると、0.2%を海外直購が占めることになる。

海外直購は靴や衣類・健康食品のように、国内と海外の価格差が大きい項目を中心に最近急速に増えた。昨年の年間海外直購金額は1兆1356億ウォンで、前年より42.8%増え、初めて1兆ウォンを超えた。

民間消費と対比しての海外直購量も2012年の0.11%から昨年は0.16%に上昇し、今年に入って初めて0.2%台に上昇した。

報告書は「まだ民間消費に比べて割合は小さなレベルだが、その割合は継続して高まるだろう」と予想した。続けて、「消費者の厚生増加、国産品の価格下落誘導などの肯定的な影響もあるが、輸入品の国産品代替に伴う国内生産の萎縮、雇用減少など、韓国経済にマイナスの影響を与える可能性も常に存在している」と分析した。
  • 毎日経済_チェ・スンヂン記者/写真=MBN | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-10-16 17:21:15