トップ > 数字経済 > 経済 > NHN、初の自社株消却 株主還元策強化で計1850億ウォン分

NHN、初の自社株消却 株主還元策強化で計1850億ウォン分


NHNが創立以来初めて自社株消却に乗り出す。

8月9日、NHNは株主還元策を強化して計1850億ウォン程度の自社株消却に踏み切ると発表した。普通株式の約150万株(発行株式の4%)、748億ウォン分を17日に消却し、2024年までに全体株式流通量の10%を追加消却することにした。追加消却量は約1100億ウォン分で総消却量は14%、1850億ウォン分に達する。

NHNは同日公示した今年第2四半期の実績で売上は成長したが、マーケティング費用の投資拡大で純損失を記録した。連結基準で今年第2四半期の売上は前年同期比12.8%上昇した5113億ウォンを、営業利益は74%減少した52億ウォンを収めた。
  • 毎日経済 | チ・ヨンテ記者
  • 入力 2022-08-09 17:46:38