トップ > 数字経済 > 経済 > YGエンタ、1か月間で41%高騰「BLACKPINKのカムバックに期待高まる」

YGエンタ、1か月間で41%高騰「BLACKPINKのカムバックに期待高まる」


  • YGエンタ、1か月間で41%高騰「BLACKPINKのカムバックに期待高まる」
  • [写真:YGエンターテインメント]

YGエンターテインメントの株価が上昇している。市場予想値を上回る第2四半期の業績を発表した上、所属グループBLACKPINKがカムバックを控えているためだ。証券街でも目標株価を引き上げるなど期待を高めている。

8月16日、YGエンターテインメントは前日比500ウォン(0.81%)高の6万2400ウォンで取引を終えた。

YGエンターテインメントは11日から16日まで3営業日連続で上昇した。16日の取引序盤、YGエンターテインメントの株価は弱含みとなったが、すぐ反発に転じて1%近く値上がりして取引を終えた。YGエンターテインメントの株価は先月までは4万ウォン台だったが、現在6万ウォン台を超えた。先月5日の取引中に記録した安値と比較すると、この日の高値基準でなんと41.45%も値上がりした。

先立ってYGエンターテインメントは11日に発表した公示を通じて第2四半期連結基準の売上額が前年比9.1%減少した760億ウォン、営業利益は前年同期より10.7%減った93億ウォンを記録したと明らかにした。主力アーティストの活動不在にもかかわらず、営業利益は市場展望値を上回った。さらに今月、22か月ぶりにBLACKPINKのメンバー全員での新曲発表と活動が予告され、第3四半期を基点に本格的なアーニングサイクルに突入するだろうと見通されている。

業界によるとBLACKPINKは来月16日、2ndフルアルバムの発売と共に10月から来年上半期まで大規模なワールドツアースケジュールが36回以上決まっている。1回当たりのコンサート規模は4万人以上で、BLACKPINKの2019年のツアー(1万3000人)と比べて3倍を超える規模だ。これは2019年に1回当たり4万8000人を集めた防弾少年団のコンサート規模に匹敵する。
  • 毎日経済 | キム・ジョンウン、毎経ドットコム記者
  • 入力 2022-08-16 16:32:43