トップ > 数字経済 > 企業 > LG化学、米イリノイにバイオプラスチック工場を建設

LG化学、米イリノイにバイオプラスチック工場を建設


  • LG化学、米イリノイにバイオプラスチック工場を建設
  • シン・ハクチョルLG化学副会長(左)とイアン・フィナーADM(Archer Daniels Midland)首席副社長が16日、ソウルLG化学麻谷(マゴク)R&Dキャンパスで合弁法人設立契約を締結した後、記念写真を撮影している。写真:LG化学



LG化学は8月16日、ソウル市江西区(カンソグ)のLG化学麻谷R&DキャンパスでADMと「LA(乳酸)およびPLA(ポリ乳酸)事業合弁法人契約」を締結したと発表した。

今回の契約は昨年9月、両社が主要条件合意書(HOA)に署名した後の後続手続きで、ついに拘束力のある契約を結ぶことになった。米シカゴに本社を置くADMは、ブンゲやカーギル、ルイ・ドレフュスなどと共に、世界4大穀物企業といわれている。4社は英語の頭文字を取って「ABCD」と呼ばれる。ADMは全世界の農業供給網と穀物加工技術を備えており、LG化学とは植物を基盤としたバイオ素材の開発で協力してきた。

今回の契約によると、両社は植物基盤の商品とバイオプラスチックに対する需要に対応するため2つの合弁法人を設立する。原材料である乳酸生産法人「グリーンワイズラクティク(GreenWise Lactic)」はADMの発酵技術力を活用しトウモロコシを基盤とした高純度乳酸を年間15万トン規模で生産する。

LG化学のバイオプラスチック技術力を土台に設立される「LG化学イリノイバイオケム」はグリーンワイズラクティクが作った乳酸で年間7万5000トンのバイオプラスチックであるPLAを生産することになる。この工場で生産されるバイオプラスチックで500ミリリットルのエコミネラルウォーターボトル約25億本が生産できる。両社の理事会の最終審議が終わる2023年に両社の工場は着工に入る予定だ。両工場とも米イリノイ州ディケーターに2025年の完工を目標に建設する。


  • 毎日経済 | ウ・ジェユン記者
  • 入力 2022-08-16 17:43:56