トップ > 数字経済 > 企業 > iPhone14の発売順位が下がった韓国、災い転じて福となす?

iPhone14の発売順位が下がった韓国、災い転じて福となす?


  • iPhone14の発売順位が下がった韓国、災い転じて福となす?
  • iPhone14の標準モデル │ 写真 Apple

Apple(アップル)がiPhone14の1・2次発売国から韓国を外したなかで、「遅い発売」によりむしろ災いを避けることになった。

21日、業界によると韓国はiPhone14の第3次発売国に含まれた。1次・2次発売国が今月販売を開始するのとは違って来月7日になって公式販売される。市場規模とiPhone占有率が日本・中国など他の国に押されるためだが、iPhone14を急いで買いたい国内消費者は海外から直接購入している。

ところが、ゆったりと国内発売を待った方がよさそうだ。Proモデルでカメラ画面が震えるエラーが発生したうえ需要が集中したため、Proモデルは今月中に受け取ることができないためだ。

ブルームバーグ通信など外信によると最近、iPhone14 Proモデル( Pro、Pro MAX)でインスタグラム・スナップチャット(Snapchat)・TikTokなど一部ソーシャルメディアのアプリ駆動時にカメラの画面が震え機械音が発生する現象が発見された。

現在、アップルはこの現象を認知し来週中にソフトウェアアップデートを通じて解決するという立場を明らかにした状態だ。アップルは「アップルストアを訪問しなくてもiOS16.0.2アップデートを通じて問題点が改善されるだろう」と明らかにした。

一方、米国など一部の国ではiPhone14 Proモデルの出庫日が来月に延期された状態だ。Plusモデルを含めた標準モデルの人気が期待に及ばず需要がProモデルに集中したためだ。

現在、米国のアップルストアでiPhone14 Proモデルを注文すると宅配基準で3~4週間かかる。今注文しても10月中旬以降に受け取ることができるわけだ。
  • 毎日経済 | キム・ウヒョン毎経ドットコム記者
  • 入力 2022-09-21 16:46:54