「iPhone 6」の需要予測失敗のせい?

通信社が大量供給した16GBは余り、大容量モデルは物量不足 

# 会社員のキム・ジュン氏は、iPhone 6を購入するために移動通信代理店に立ち寄って手ぶらで帰ってきた。動画を見るためにたっぷりの容量の64GBや128GBモデルを購入しようとしたが、在庫がなくて買うことができなかったためだ。

11日、移動通信業界と消費者によると、先月31日の発売直後から物量不足に苦しめられたアップルのiPhone 6、iPhone 6 Plus 64GB、128GBモデルの購入が依然として難しいことが分かった。アップルは、今回iPhone 6を発売し、既存の32GBモデルを除外して16GB、64GB、128GBモデルを出した。16GBモデルの場合、実際に使用者が利用できる利用空間は12GB前後だ。各種アプリケーションとプログラムなどを設置して、残りの空間に音楽、映画などのコンテンツを入れるには多少不足だという評価だ。

自然に64GBモデルに対して需要が殺到しているが、現在国内でiPhone 6の大容量モデルは見つけることができない。一部の移動体通信事業者の場合、去る10月に予約加入を申請した消費者でさえも64GBモデルを受け取れずにいる。

このような問題が発生した原因としては、移動体通信事業者の誤った需要予測が挙げられる。移動体通信事業者は低用量モデルが人気を集めるものと予測して16GBモデルを大量に供給したものだ。

SKテレコムとは異なり、KTとLGユープラスが容量が少ないほど、公示した支援金を多く支給したのも同じ理由で解釈される。今月初めに60万ウォン内外の違法補助金があふれたiPhone 6大乱が16GBモデルにのみ限られたことも在庫管理の失敗によるものという指摘だ。
  • 毎日経済_チュ・ドンフン記者/写真=MBN | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-11-11 17:38:51