ハリムがモナコ王室が所蔵、競売に出したナポレオンの帽子を26億ウォンで落札

帽子競売価格としては歴代最高188万4千ユーロ(約25億8千万ウォン) 

韓国食品業者『ハリム』(会長キム・ホングク)がナポレオン・ボナパルトの象徴とも言える二角帽を手にした。

16日、主要外信によるとフォンテーヌブローのオセナ競売所はこの日、モナコ王室が所蔵し競売に出されたナポレオンの帽子が帽子競売価格としては歴代最高となる188万4千ユーロ(約25億8千万ウォン)で落札されたと明かした。

競売に参加したハリム職員イ・テギュン氏はAFPに「上司(boss)に代わって来た」としハリム側が現在建設中である「新社屋のためにこの帽子を買った」、「この帽子を展示して人々が訪れるようにしたい」と話した。

落札されたナポレオンの黒いフェルト帽はナポレオンが自身の部隊主治医に贈ったもので長い歳月が流れたが使用者がおらず、保存状態は良好だと明かされた。モナコの現国王アルベール2世の曽祖父であるルイ2世が主治医の子孫からこの帽子を直接買い付け、王室所蔵品としたが今回の競売に出された。二角帽は両側のつばが折られた角がある帽子で19世紀フランスなどで流行した。

ナポレオンの帽子120個中、現存している帽子は19個のみであり、その中で2個だけが民間人が所蔵している。
  • 毎経ドットコム速報部/写真=毎経DB、YTN報道映像キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-11-17 13:33:04