SKコミュニケーションズ、リアルタイム番組疎通アプリ「tbee」正式オープン


SKコミュニケーションズはリアルタイムの放送疎通チャネルアプリである、本放送おしゃべり「tbee」がオープンベータ期間を終了し、正式サービスを開始すると18日、明らかにした。

本放送おしゃべり「tbee」は同じテレビ放送を視聴する利用者同士がその番組について、自分の感情や気持ちを表現して、リアルタイムのコミュニケーションをとれるサービスで、オープンベータ運用を介して収集された利用者の意見をもとに、さらにアップグレードされた形で公開される。

今回の正式版では、特定のユーザー投稿に簡単にコメントを記入することのできる返事コメント機能、本放送を視聴中の達人の面白い文章や、推薦したい文章をリアルタイムで知らせる共感通知情報、より幅の広い感情表現のための絵文字の追加など、さらに多様な新規機能を追加し、利用者が放送されている番組を見て、より楽しく、面白いコミュニケーションができるようになった。

これと共に、SKコミュニケーションズは「tbee」正式サービスオープンを記念して、「ファンの心を集めて、ケータリングカーを贈ろう!」プロモーションを進行する。今回のプロモーションは、ユーザーが「tbee」をダウンロードした後、自分の好きな番組の「本放送おしゃべり」コーナーに参加すると、自動的に応募が完了されている方式だ。 「tbee」は「本放送おしゃべり、ケータリングカー・ランキング」のドラマとバラエティのジャンルでそれぞれ1、2位に選ばれた番組の出演者と製作陣にケータリングカーをプレゼントする。
  • 毎経ドットコム_コ・ドゥクァン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-11-18 10:52:17