トップ > 数字経済 > 経済 > 人体DB活用 モバイルで服合わせる

人体DB活用 モバイルで服合わせる

未来部20個ビズモデル提案 

  • 人体DB活用 モバイルで服合わせる
未来創造科学部は9日、未来部と傘下研究機関などで保有している公共データを活用し、事業化できる20個のビジネスモデルを発掘したと明らかにした。

未来部は/人体情報を活用したオンライン・モバイルフィッティング(fitting)シミュレーションサービス/レジャー活動用位置サービス/動物疾病案内アプリ/求人求職情報サービス/私教育費減少のための共有イーラーニングシステムなどを提案した。 

人体情報活用仮想フィッティングサービスは、韓国科学技術情報研究院(KIST)が保有した韓国人人体情報データベース(デジタルコリアン)を利用したもので、韓国人体系にぴったり合う衣類を制作したり、ホームショッピング、モバイルショッピング客が仮想空間で服を着てみるサービスとして開発が可能だ。また、国家研究開発(R&D)事業に参与した業者、個人が保有した技術、特許、実用新案情報などを公開し、企業投資意志決定に活用するアイディアも出た。

  • 毎日経済_ファン・ジヘ記者/写真=Photopark.com | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-09 17:14:27