トップ > 数字経済 > マーケット > カヤックからダッチコーヒーメーカーまで…マニア殺到する倉庫型売場

カヤックからダッチコーヒーメーカーまで…マニア殺到する倉庫型売場


会員制倉庫型割引店が、異色的な商品を求めるマニア消費者なら見逃すことのできないショッピング名所として浮上している。

13日、ロッテマートの倉庫型割引店ビッグマーケットが、昨年披露した水上スポーツ用小型船「カヤック」は、最初に準備した30台が完売したのに続き、冬真っ只中の最近にも一週間の間、5台が販売されるほど意外な人気を享受している。国内大型マートがカヤックを披露したのは初めてで、1台に89万9000ウォンという侮れない価格にも着実に売れるというのが会社側の説明だ。

ニュージーランドで採取した天然蜂蜜である「ワイルドケープマヌカ蜂蜜」も最近ビッグマーケットで一月に200個余りが売れて行く代表ヒット作として挙げられる。

コーヒーマニアならだれでも一度位は挑戦してみたがるダッチコーヒーメーカー、TVをみながらゲームを楽しむように室内運動用自転車に乗れるヘルスゲームバイクも、それぞれ該当カテゴリ製品の平均売上より最高3倍以上高い実績を上げている割の良い商品だ。

これら商品の共通点は、一般の大型マートでは探すことのできない独占製品だということ。ビッグマーケットはカヤック品目数を既存の4倍に増やすなど、製品数を拡大する計画だ。
  • 毎日経済_キム・テソン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-13 17:14:05