トップ > 数字経済 > マーケット > 青少年10人中4人が一日1時間以上モバイルゲーム三昧

青少年10人中4人が一日1時間以上モバイルゲーム三昧


  • 青少年10人中4人が一日1時間以上モバイルゲーム三昧
韓国10代以下の青少年10人中4人は、一日1時間以上モバイルゲームを楽しむことをあらわした。

また、青少年10人中3人はモバイルゲーム有料決済の経験があることで調査された。

放送通信電波振興院(KCA)は先月13日から4日間、モバイルゲーム利用者200人を対象にアンケート調査を実施し「モバイルゲーム利用形態ならびに有料決済現況」を13日に発表した。報告書によると、一日に1時間以上モバイルゲームを楽しむ利用者は27.5%で集計された。

年齢別には10代以下利用者の40.0%が一日1時間以上モバイルゲームをした。

1時間以上モバイルゲームをする30代利用者は37.5%で、20代は22.5%だった。

全体応答者のうち、モバイルゲーム有料決済の経験がある利用者は37.0%であらわれた。

30代は52.5%が有料決済の経験があると答え、唯一50%を超えた。

有料決済の経験がある20代利用者は45.0%で、10代と50代も30.0%が有料決済の経験があることをあらわした。有料決済の経験がある応答者のうち、ひと月の決済金額が月1万ウォン以上の場合は9.5%だった。5千ウォン~1万ウォンは17.6%、1千ウォン~5千ウォンは50.0%、1千ウォン以下は23.0%だった。
  • 毎日経済_速報部/写真:Mマネー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-13 16:44:15