トップ > 数字経済 > 経済 > 公正委、「2014年度消費者政策総合施行計画」確定発表

公正委、「2014年度消費者政策総合施行計画」確定発表

オープンマーケット等の取引不安の解消 

  • 公正委、「2014年度消費者政策総合施行計画」確定発表
オープンマーケット、モバイルコマースなどオンライン上の取引活性化で、偽物販売などその他消費者被害事例が拡散しているなか、流通の責任強化を掲げた公正取引委員会(以下、公正委)の動きに関心が集まっている。
公正委は「消費者が主役になる市場具現」という政策目標のもと、消費者政策委員会を開催し「2014年度消費者政策総合施行計画」を確定発表した。

オープンマーケット・モバイル取引秩序確立


主要細部推進6項目の課題のうち、一番目に「信頼できる取引環境造成」が提示され「電子上取引分野の消費者信頼向上方案推進」に耳目が集中している。

公正委は「電子上取引消費者保護法」を改正し、オープンマーケット事業者が消費者へ請約撤回権を告知する義務、代金を還給する義務などを付与するという計画だ。また、急成長しているモバイルコマースでの消費者被害予防のため、モバイルショッピングモール取引商品情報表示の基準、注文取り消しメニュー具備義務などを定める「モバイル電子上取引ガイドライン」を用意する予定だ。

オープンマーケットの場合、納品業者の管理監督においてオープンマーケット運営者側の限界が多く露出されている。また消費者被害発生時、オープンマーケット運営者側が全ての責任を納品業者に転嫁し、オープンマーケットを信じて取引する消費者を困らせる場合が一度や二度でない。

よって、今回の処置が最近あらわになった問題に実質的な代案になりうるか世論は半信半疑の心情で見守っている。

消費者紛争調停の体系化


消費者被害の円滑な救済のための紛争調停電子管理システム導入を提案した。韓国消費者院は、紛争調停事件の受付から処理までの過程をシステムに搭載し、結果をデータ化して管理する紛争調停電子管理システムを構築し、迅速な被害救済に集中する計画だ。

消費者-企業の相生文化造成


消費者と企業の相生基盤造成のため、緑色消費拡散のための支援、企業の消費者親和的経営誘導、先進国型低成長構造に備えた責任ある消費文化拡散のための支援強化、3つの細部計画案を提案した。緑色消費拡散のため、環境部は大型流通売場以外にコンビニなど中小規模店舗まで緑色売場指定を拡大する。

企業の消費者親和的経営誘導のため、公正委は事業者の自律的な消費者保護を誘導する方針だ。これにより、消費者中心経営(CCM)をしている事業者に、政府次元で認証する制度を施行している。とくに今年は「消費者基本法施行令」にCCM認証基準など細部事項を規定し「CCM運営規定」を告示で格上げするなど、法的根拠を完備し、フォーラム・優秀事例発表・教育などを実施し、制度を活性化する計画だ。

消費者中心経営(CCM:Customer Centered Management)は、事業者が消費者不満の発生を予防し、自律的な被害救済手順を用意するなど、企業業務の全過程を消費者の観点で推進する経営活動だ。

また、公正委は先進国型低成長構造に備えた責任ある消費文化拡散のため、健全な消費、資源節約型消費、環境親和型消費など、責任ある消費と関連した教育が学校など各界で成し遂げられるよう支援する。これ以外にも、効率的な消費者政策推進に必要な安定的な財源を確保するため、消費者基金を造成する計画だ。

今回の消費者政策総合施行計画には、公正委をはじめ全ての中央行政機関、16の広域自治団体、韓国消費者院と消費者団体が施行する消費者施策が全て含まれている。

今回樹立された消費者政策総合施行計画は「消費者が主役になる市場具現」というビジョンのもと信頼できる取引環境造成、安全な消費環境構築、消費者情報提供活性化、消費者被害の円滑な救済、消費者と企業の相生基盤造成、効率的な消費者政策推進など、6項目の基本方向に関する課題を提示した。
  • MKファッション_ハン・スクイン記者
  • 入力 2014-01-14 09:18:20