トップ > 数字経済 > マーケティング > きれいな男全盛時代、男性広告モデルの活動領域が拡大している

きれいな男全盛時代、男性広告モデルの活動領域が拡大している


  • きれいな男全盛時代、男性広告モデルの活動領域が拡大している
最近、男性が女性ファッション・メイクアップブランドの広告モデルで活躍し、売上高の増大に寄与している。特にファッションやヘアスタイルで性別の区分が消えるユニセックスがひとつのトレンドとして位置をつかみ、男性モデルの活動領域が徐々に広がっている。

男性モデルのアンドレイ・ペジック(Andrej Pejic)が最近女性ハンドバッグ広告モデルに抜擢され、話題を集めた。ボスニア出身モデルのアンドレイ・ペジックは、世界で初めてウェディング画報および女性下着モデルで活躍した男性で、ユニセックスを代表する人物のうちのひとりだ。

特に、中性的な魅力に世界で最もセクシーな女性100人の中に入りもし、男性と女性の顔を同時に持ち、両性の美しさを表現する唯一のモデルとして定評がある。このように、彼は中性的なビジュアルのおかげで男性服はもちろん、女性服ファッションショーまで渉猟して幅広い活動を続けている。

  • きれいな男全盛時代、男性広告モデルの活動領域が拡大している
国内でも男性芸能人が女性製品のモデルとして活躍する事例が増えている。ビッグバンのGドラゴンは、化粧品ブランドのリップスティックを含んだメイクアップ製品モデルで活動している。広告の中の彼は、女性の専有物と思われていたリップスティックを噛んでいたずらをするなど、自由な雰囲気を演出して拒否感をなくした。また、該当ブランドはGドラゴンをモデルとした色合いの化粧品を発売して話題を集めることもした。

これだけでなく、Gドラゴンは最近女性ハンドバッグブランドの広告モデルにも抜擢されたが、ハンドバッグという女性達だけの領域で独歩的な魅力を加減なしに表し、熱い呼応を得た。

いっぽう、俳優ソ・ジソプもやはり、過去に女性下着モデルとして活躍しながら、該当ブランドの売上高が42%増加した。該当ブランド側は、「ソ・ジソプをブランドモデルに抜擢した後、女性モデルを起用したときより販売量が増加し、消費者からモデル選好度も高く現れた」と明らかにした。

このように、ユニセックス時代にふさわしい新広告風習で業界ごとに売上高増大の効果を非常に享受している。また、女性用品に挑戦する男性モデルの範囲が徐々に広くなっており、どのような製品が新しく登場するのか関心が集中している。
  • MKファッション_パク・シウン記者/写真=アンドレイ・ペジックツイッター、MCM、ザ・セム・、ジェイエスティーナ提供
  • 入力 2014-01-14 17:49:06