トップ > 数字経済 > 統計 > 美容室のスティックワックス、他で買えば1/4の価格

美容室のスティックワックス、他で買えば1/4の価格


  • 美容室のスティックワックス、他で買えば1/4の価格
「正品Mオイルはただ美容室だけで販売します」ある大型フランチャイズ美容室にかかっている案内広告文だ。

該当美容室では、ヘアーオイル、エッセンス、スティックワックス、シャンプーなどのヘアー製品はもちろんヘアピン、ヘアゴム、バンドなどのヘアーアクセサリー、よりによってパズル、ボードゲーム、フィギュアのようなおもちゃまで販売している。

このようなショップインショップ(Shop In Shop)形態の売場は近隣の美容室やPC部屋、飲食店に小資本で入店後、委託販売、一定部分収益を分ける事業で「無店舗創業」という。

しかし、無店舗創業で売っている製品は顧客が美容室でパーマをしたり、飲食店で食事をしに行って衝動的に購入する場合が茶万事で、消費者被害が憂慮される。

よりによって一部業者では、無店舗創業製品のカード手数料を取らないようにするため、該当製品販売時、現金決済のみするよう誘導したりもする。物を買いたい顧客はいくらでも現金で出せということだ。

実際に美容室を訪問した顧客が、製品購入に先だって現金がないというと関係者は「現金がなければここで口座振替で送ってくれてもいい」とあらかじめ準備しておいた口座番号が書かれた紙を渡すだけだ。結局、巧みな美容師の話術に製品に流れるまま流された顧客は、口座振替をしてでも物を購入するという具合だ。

これにある顧客は「美容室でカットをした後塗ってくれる製品がとても良く、結局売場ですぐに購入してしまった。ところが40,000ウォンを渡して買ったTブランドスティックワックスが、オンラインでは平均18,000ウォン、最低7,540ウォンまでも売っているではないですか。いくらオフライン、オンラインの特性上価格差があるとしてもあまりにもひどいのではないか」と不満を吐露した。

ショップインショップ販売による問題は、消費者の衝動購入を誘導するだけでなく、このような消費心理を利用し製品の価格を天井知らずで膨らませて販売できることを示唆する。

そのうえ、ショップインショップ形態の事業構造は消費者被害だけでなく、乙の立場である入店業者側の被害も及ぼしている。実際に昨年10月、少ない資金で無店舗創業を始めた業者が、委託販売店と代行社側の不条理に対し告発する場が開かれたこともある。

入店業者側は「小資本で家計の足しにしようと始めた事業が知ってみると"安定的な収益保証、品質優秀"という虚偽広告で飾られた詐欺だった」と指摘した。委託販売店を紹介してくれた詐欺代行業者が、最初から契約金や初期商品代金を横取りしたり、委託販売店自体が紹介されたものと異なり堅実でなかったり収益を過度に着服する場合が一度や二度ではない。

しかし、無店舗創業による被害は加盟、代理店で発生する被害と異なり、被害者を保護する現行法が不在な状況だ。よって現在のところは消費者が衝動購入よりは訪問目的に集中、計画的な消費をしなければならず、無店舗創業を計画中の事業者もやはり衝動的な投資よりは、委託販売店と代行社側に対する慎重な調査を基盤にする必要がある。
  • MKファッション_イム・ソヨン記者
  • 入力 2014-01-14 16:07:28