トップ > 数字経済 > マーケティング > スパインエムティ、新概念・新技術ディスク治療機器「SpineMTK1」

スパインエムティ、新概念・新技術ディスク治療機器「SpineMTK1」

www.spinemt.co.kr 

  • スパインエムティ、新概念・新技術ディスク治療機器「SpineMTK1」
現代会社員にディスクと脊髄に関連する疾患は、最もありふれていながら治療が大変な疾患として知られている。職業病とも呼ばれるこのような関連疾患のうちの相当数が、手術という極端的治療方法を選ぶほかなく、長期間の休職が困難な会社員達には最も恐ろしい疾病とされている。

専門家達は、ディスクと脊椎関連疾患の相当数が普段正しい姿勢で生活するだけで予防が可能で、万一問題が生じても生活習慣を正せば悪化することを防ぐことが出来るという。

しかし、一度異常兆候を見せ始めたディスクや曲がった脊椎を運動など、単純な試みで矯正することは容易ではない。これに対し、最近、大学病院リハビリ医学科やリハビリ専門病院で手術なしにディスクを治療し、脊髄を矯正する試みを行っており、関心が集まっている。

ディスクや脊椎関連疾患の場合、専門物理治療士による物理治療が一般化されているが、これを精密にプログラミングしたスパインエムティの3世代治療器、スパインエムティK1(SpineMTK1)による矯正が治療者達の間で噂が出ている。この3世代モデルは、患者の状態による治療部位と方式を選択することが出来るように精密度を高めたのが特徴で、専門医の間でも高い評価を受けている。

ディスクの場合、脱出方向によって治療方式を変える必要であり、脊椎側弯症、退行性ディスクをはじめ、脊椎構造的生理学的原因によりそれぞれ異なる治療方式を選択しなければならない。このモデルの最も大きい強みは、それぞれの症状ごとに選択的治療とともに脊椎全体をひとつの単位とする治療方式を並行することによって治療効果を極大化させるということだ。

治療は大きく、脊椎筋肉および関節可動、減圧、ディスク矯正および征服など、3段階を経る。これは、既存の部分矯正の致命的短所である一時的効果を補完したという点で、革新的要素と評価されている。また、筋肉、靭帯および関節組織を弛緩させるシステムを通じて、患者が感じる痛みを減らすことが出来るという利点がある。

ディスクと脊椎関連疾患の場合、長期治療を必要とする場合がほとんどだが、実際の患者は治療時に感じる痛みへの恐怖が大きいということと、目に見えて変わらないという理由で治療を中断する場合が多い。

したがって、この治療器は痛みを減らすこと以外にも、治療過程を患者が確認することが出来るインターフェイスを構築し、治療に対する不安感を解消させた。

脊椎疾患専門家達は、「ディスクや脊椎関連疾患の場合、患者が感じる痛みが大きい。何よりも、手術と長期間かかる治療に比べて実際患者が感じる効果は確実でなく、動機付けもうまくいかないのが一般的である」とする。

スパインエムティは、このような患者の立場で何が必要なのかについて悩んだ。リハビリ医学科の物理治療方式と漢医学のチューナー療法などの長所と短所を分析し、スパインエムティK1に具現することによって患者が持つ手術による恐怖や長期間治療にともなうストレスを減らすことで、より快適にディスク治療を受けることが出来るようになった。
  • MKファッション_ハン・スグイン記者/写真=MKファッション
  • 入力 2014-01-20 10:21:35