トップ > 数字経済 > マーケット > 乱脈をきわめる「旧正月ギフトセット」流通期限確認、価格比較必須

乱脈をきわめる「旧正月ギフトセット」流通期限確認、価格比較必須


旧正月まで数日を目の前に峠を迎えた流通業界は、製品販売に熱をあげている。宅配業界もやはり押し寄せる配送品で奔走した姿だ。しかし、峠という理由できちんと注文・配送が成し遂げられず、被害を被る消費者が大きく増えている。

実際に、ある流通業者で名節ギフトでハンラボン60ボックスを購入した消費者A氏は、ギフトを送った取引先から腐敗した製品をもらったという抗議の電話を受け、気分がとても不快だった。

B氏もやはり、ギフトセット4個を購入したが、そのうち一つの製品が、包装なしに配送される常識を欠いた事件を経験した。これを抗議すると業者側は単価が合わず、展示用で陳列されていた製品を送ったと解明した。

反面、名節ギフトとして購入したギフトセットの配送が遅延したり、払い戻し処理を適時にしてくれない場合もあった。

消費者C氏は、昨年知人に名節ギフトをするため百貨店で韓牛セットを購入したが、名節が過ぎた後に配送され、適時にギフトすることができなかった。金額まで適時に払い戻しをしてくれず被害を被った。

このように、多忙な期間うっかりと見過ごしかねない名節ギフトセットは、注文前に流通期間が過ぎた製品や、腐敗もしくは破損した物品などの補償基準をさらに細かく確認しなければならない。

まず、内容物に比べあまりにも包装が度を越すと思ったら、必ず包装された物品の数量や品質などが適正か確認するのがよい。

また、ギフトセット価格が一個売りで購入するより高い場合もあるため、留意する必要がある。とくに、セット商品は、同じ構成品でも百貨店、大型マート、インターネットオープンマーケットなどの販売店によって、価格差が大きく出る場合もあり、比較してみて購入しなければならない。

ソーシャルコマースなどを通じてギフトセットを購入する場合、商品購入後7日以内には、基本的に請約を撤回できるので、注文取り消し請約撤回意志を残し、製品を払い戻ししてもらうことができる。
  • MKファッション_パク・シウン記者
  • 入力 2014-01-21 16:37:49