進化するビューティ、スマートな電子製品と結合...振動ファンデーション、ヘアーアイロン

ビューティとスマート製品の調合 

ビューティ製品もさらに「スマート」になっている。

顔に直接塗る化粧品は、スマートな電子製品と結合しその効果と便宜性を高めている。消費者はこれ以上手で塗る化粧品にだけ集中しない。挑戦的な2、30代女性がビューティ業界の大きな手として浮かびあがりながら、多様なスマート機能が搭載したビューティ製品もあふれ出ている。

ビューティとスマート製品の調合は「振動ファンデーション」から始まった。ファンデーションを肌に密着させるため手のひらで顔を数回叩いていたことに着眼し、機器が微細振動でファンデーションの吸収を助けた。この機械は数多い化粧品ブランドが主力商品として前に出して販売を開始しながら、一気に爆発的な人気を呼んだ。

以降、ビューティ業界はもう一度「微細振動」を利用した製品を発売したりもした。微細な振動を利用したクレンザーを出したのだ。肌に刺激を与えない微細なクレンジングブラシが回転しながら、肌奥深く積もった老廃物まで隅から隅まで除去する。

また、最近では「振動」熱風を引き起こしたクレンジング機器が徐々に進化している。振動ファンデーション、クレンジングを主力商品として出したブランドが、海外市場を開拓するかと思えば、振動に「音波」を加えた製品が発売された。音波振動クレンザーは、1秒当たり300回に近い振動でクレンジングだけでなく、肌の弾力改善とマッサージ効果もあり、旋風的な人気を呼んでいる。

ヘアーアイロンから着眼したヒーティングビューラーや、使用量を制限する賢い化粧品容器もある。スポイトタイプの化粧品容器は、ともすれば多くの量が出ることがあるが、ブランド自体開発した技術で1回使用量を制限する。

ビューティ製品は完璧に革新的なイメージを植えてはくれないが、日常生活で発見した小さな差異を「スマート」に活用した。もう少し便利に、もう少し効果を高めるための人間の欲望が、ビューティ業界まで影響を及ぼし、一層便利なビューティライフを掘り起こしている。
  • MKファッション_イ・イェウォン 記者/写真_オンスタイル、SBS放送画面キャプチャー
  • 入力 2013-10-23 12:47:55