男性が美しくなる... ファッションに対する関心が高くなり

肌管理室訪ねるグルーミング族 

グルーミング族が増え、肌管理の風俗図が変わっている。外見が競争力の時代に肌もまた自己管理の一部になり、男性が肌管理に対し積極的な態度をみせている。化粧品にも男性のための機能性基礎化粧品からBBクリームなどの色調化粧品まで、領域が拡大している。

このように、男性のビューティ、ファッションに対する関心が高くなり、肌管理室を訪ねる男性もまた増えている。若い男性はもちろん中・壮年層の男性の皮膚管理も、20年前より確然な増加の勢いをみせている。

ある50代男性は、皮膚科の推薦でシワ改善を目的にフィラー注射を受けた。効果は期待以上だった。彼は「久しぶりに会った取引先の人ごとに、なぜこんなに若くなったのかと驚く」とし、「注射を受けて肌年齢が若くなった以降には、肌管理の重要性を知り、肌管理室を訪ねるようになった」と話した。

最近、肌管理室はカップルのデートコースとして人気満点だ。男性も肌に関心が多くなり、ガールフレンドとともに肌管理を受けている。むしろ女性より男性が積極的に肌膚管理室を訪れ、皮膚管理に入る製品及び成分までチェックする細かさまでみせている。ガールフレンドの皮膚のため肌管理チケットを買ってあげもすると。

結婚を目前にした予備新郎は、「予備新婦のためにともに肌管理を受けたが、以降、着実に管理しようと予備新婦とともに会員券を買った」とし、「男性が肌管理を受けるということが照れくさくもあったが、一人で来る男性もかなりいるという話を聞いて、時間がでる時、一人ででも立ち寄る予定」だと語った。

ソウル清潭洞のある肌管理室ではカップル管理はもちろん、男性の肌を専門的に管理していた。肌管理室の関係者は「男性は女性と異なり肌が荒く、一般的に鼻脂と呼ばれる油分が多く、専門的な管理が必要だ。とくに、飲酒や喫煙、ストレスなど肌を害する外部的な要因のため、周期的な肌管理が必要だ」と話した。しかし、男性のための製品・テクニックの差が何なのかは正確に把握できなかった。

ある専門家は「肌管理室は、一人で肌管理することに難しさを感じる男性から人気を集めているため、さらに注意が必要だ」とし、「肌管理時、認証されなかった成分が入っている製品ではないか、品質対比価格の泡が挟まっていないか、肌管理のクオリティを問い詰める知恵が必要だ」と話した。
  • MKファッション_パク・ヘジン記者/写真=イロミス皮膚科
  • 入力 2013-07-29 15:57:31