トップ > 数字経済 > 企業 > サムスン電子、GALAXY S6の北米市場マーケティングをマーク・マシューへ

サムスン電子、GALAXY S6の北米市場マーケティングをマーク・マシューへ

コカ・コーラ、ユニリーバ出身 

  • サムスン電子、GALAXY S6の北米市場マーケティングをマーク・マシューへ
サムスン電子はマーク・マシュー ユニリーバ社グローバルマーケティング担当上級副社長(写真)をスカウトし、北米地域のマーケティングを任せると伝えられた。18日、外信とモバイル業界によると、サムスン電子は最近マシュー副社長に会って、北米法人の最高マーケティング責任者(CMO)の地位を提案したと伝えられた。去る8日に辞意を表明したトッド・ペンドルトン サムスン電子北米法人の最高創造責任者(CCO)の後任として、ユニリーバ出身を選んだわけだ。

マシュー副社長に与えられた最初のミッションは、ギャラクシー(GALAXY)S6シリーズの北米での成功だ。この課題を達成すれば、マシュー副社長はサムスン電子の新しいモバイルマーケティング責任者として、成功裏にデビューしたという評価を受けることになる。マシュー副社長は1998年からコカ・コーラでマーケティング担当副社長を務めた後、2011年にユニリーバ社に合流した。ユニリーバでは企業の社会的責任(CSR)と持続可能な経営を強調する「Crafting Brands for Life」戦略を主導した。

このようなマシュー副社長のキャリアを考慮すると、北米市場でサムスンのブランドとサムスン電子で作る製品ブランドのパワーを強化する戦略を駆使するだろうと関連業界は予想している。ペンドルトンCCOが2011年のギャラクシースマートフォンシリーズの広告である「Next Big Thing」キャンペーンを主導して、サムスンのブランド地位を引き上げるところに貢献したように、マシュー副社長もサムスン電子のブランドパワーを高めると予想される。

マシュー副社長の獲得は、サムスン電子北米法人がこれまでのマーケティング・コミュニケーション分野の専門家をスカウトする流れの一環だ。

サムスン電子は今年の1月、ユニリーバでメディアを担当したジェイ・アルトシュラーを北米法人のグローバルメディア戦略および購買担当者としてスカウトした。約1年前にはジョンソン・アンド・ジョンソン出身のグレゴリー・リーをスカウトし、昨年3月にはP&Gのマーケティングを担当していたヴィンス・ハドソンを呼んでブランド戦略を任せた。
  • 毎日経済_キム・デヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2015-03-18 17:57:05




      • facebook icon
      • twetter icon
      • RSSFeed icon
      • もっと! コリア