トップ > 数字経済 > 統計 > 独・寡占輸入製品の暴利をなくす

独・寡占輸入製品の暴利をなくす

並行輸入・海外直接購入を容易にして価格20%引き下げ誘導 

◆並行輸入・海外直接購入拡大◆

今後は並行輸入市場の参入障壁が低くなって、海外直接購入時の通関手続きが大幅に簡素化される。輸入業者の独占的流通構造をこわして市場競争を誘導し、消費者に安価な商品を提供するように誘導するというものだ。キャンプ用品や靴・子供服などの、消費者が好む輸入品の価格が3年後には最大20%ほど低下すると見られる。

9日、政府はヒョン・オソク経済副総理の主宰で開かれた経済関係長官会議で、このような内容を盛り込んだ「独寡占的消費財の輸入構造改善策」を確定・発表した。

まず政府は、適法な通関手続きを経た物品に通関情報を盛り込んだQRコードを付着する通関認証制度の項目と、認証業者数を増やすことにした。通関認証選定業者は、現行の122社から230社に増加すると予想される。並行輸入業者の信頼性を高めるための腹案だ。また海外直接購入の目録通関対象が現行の6つから、食・医薬品を除く全消費財に拡大される。通関期間を3日から半日に短縮すると配送期間も短くなり、海外直接購入物品の返品時にインターネットを介して関税還付を受けられるようにした。
  • 毎日経済_キム・ユテ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-04-09 17:35:46