トップ > 数字経済 > 企業 > サムスン、尖端半導体の中国時代開く

サムスン、尖端半導体の中国時代開く

西安工場、世界初のNANDの量産...韓・米・中、三角生産体制構築 

サムスン電子は世界最大の半導体市場である中国現地で、最先端「NAND型フラッシュメモリ」半導体の量産時代を開いた。既存の製品に比べて生産性が2倍優れた「V-NAND型」方式では世界初の生産であり、世界のエレクトロニクス業界の注目を集めている。

サムスン電子は9日、中国・陝西省西安で権五鉉(クォン・オヒョン)副会長と趙正永陝西省党書記などの関係者が参席した中で、総投資額70億ドル(約7兆ウォン)規模の半導体工場の竣工式を行った。この工場は2012年9月に着工して以来、20ヶ月の工事を経て115万平方メートル(34万5000坪)の用地に建物の延べ面積23万平方メートル(7万坪)規模で建てられた。

サムスンはこの工場で、最終的に300平方ミリメートルウェーハで月10万枚規模の10ナノメートル級NAND型フラッシュメモリーを生産する予定だ。生産された製品は大部分のスマートフォンやPCなどを生産する中国の情報技術(IT)企業に供給される。中国は全世界のNAND型フラッシュメモリの需要の50%以上を占め、現地生産体制の構築が重要な意味を帯びるとサムスン側は説明する。特に、サムスンはV-NAND型フラッシュメモリの生産に大きな意味を付与した。

サムスン電子の金奇南(キム・ギナム)社長は、「サムスンが世界最初に開発したV-NAND型フラッシュメモリを西安工場で最初に量産すること」だとし、「世界最大の市場で差別化された製品を供給できるのが最大の利点」だと語った。

今回の西安工場の竣工で、韓国と米国(オースティン工場)そして中国を結ぶ「世界の半導体生産3拠点体制」を構築したことも成果として挙げられる。

サムスンは今回の第1期投資以後も中国内の投資を継続的に増やす計画だ。

クォン・オヒョン副会長は、「1000年の古都・西安の地下が古代の宝物でいっぱいなら、サムスンは地上で最先端の未来の宝物を作り出す」とし、「今後、第2、第3のNAND型フラッシュ工場を中国に作り続けたい」と明らかにした。
  • 毎日経済_西安(陝西省)=チョン・ヒョクン特派員 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-05-09 15:48:17