トップ > 数字経済 > 統計 > 中小企業の働き口創出、大企業の5倍

中小企業の働き口創出、大企業の5倍

中小企業中央会の調査、5年間191万人の採用 

  • 中小企業の働き口創出、大企業の5倍
2007年以後、5年の間に中小企業が作り出した新規働き口が大企業に比べて5倍以上多いことが分かった。中小企業中央会(会長キム・ギムン)が13日発表した「2014中小企業位相指標」によると、2007年から2012年まで5年間中小企業の雇用増加人員は191万人で、全体雇用人員増加分の83.8%を占めた。いっぽう、大企業の雇用増加人員は36万8000人で16.2%にとどまった。

2012年基準で国内全体企業数は335万4320個であり、このうち中小企業は335万1404個で99.9%を占めた。中小企業に勤務する勤労者数は1305万9372人で全体勤労者の87.7%を占めた。中小企業は量的にも質的にも成長している。2012年基準で、中小製造業者のうち技術開発に投資する企業比率は31.0%で前年対比2.9%ポイント増え、売り上げ額対比研究開発(R&D)投資比重もやはり2.63%で前年対比1.3%ポイント増えた。

今回の調査では、特に中小企業の海外進出が活発であることが分かった。

昨年基準で、中小企業が投資した海外新規法人は1448個で前年対比16.9%増えた。いっぽう、大企業が投資した海外新規法人は464個で前年対比3.7%減った。投資金額基準でも昨年の中小企業の海外投資は46億ドルで前年対比35.2%増えたいっぽう、大企業の海外投資は190億ドルで9.9%減った。
  • 毎日経済_チョン・スンウ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-05-13 17:03:31