トップ > 数字経済 > マーケット > シンプソンズにはまったファッション・ビューティー・文具、既存の製品に新たな価値を与える

シンプソンズにはまったファッション・ビューティー・文具、既存の製品に新たな価値を与える


  • シンプソンズにはまったファッション・ビューティー・文具、既存の製品に新たな価値を与える
キャラクターとのコラボレーションがファッション界のトレンドとして定着したこの頃、SPAブランドだけでなく、高価な名品ブランド、シューズ、アクセサリーブランドでもキャラクター協業商品をリリースしている。

特に今年は米国の典型的な中間層の家族を背景にした漫画「シンプソンズ(The Simpsons)」のキャラクターをモチーフにしたリミテッドエディションがあふれている。実際、1989年に米国FoxTvでランチングしたシンプソンズが、今年で放映25周年を迎えたためだ。

これに対し、その間キティー、アンディ・ウォーホル、リアーナ、プロエンザスクーラーなど多様なキャラクター、有名人、ファッションブランドとの協業活動を広げてきた化粧品ブランドのMACで、今年の秋、シンプソンズとのコラボレーション製品を発売すると明らかにし、全世界のシンプソンズファンと化粧品マニア達の関心が集まっている。
  • シンプソンズにはまったファッション・ビューティー・文具、既存の製品に新たな価値を与える

その他に、シューズブランドのコンバースでもシンプソンズの家族であるホーマー、マージ、バート、リサ、マギーの特別イメージを借用したハイトップシューズを販売して人気を呼び、ダイアリーブランドのモールスキンでもシンプソンズが施された製品をシリーズに出して耳目を集中させた。

このように、シンプソンズ家族の興味深い姿が込められたファッション、ビューティー、文具製品があふれている中で、キャラクターとブランドの出会いが単純な消費心理を刺激するための要素ではなく、既存の製品の価値を高めるためのひとつのトレンドとして定着した点で示唆するものがある。
  • MKファッション_イム・ソヨン記者/写真_MAC、コンバース、モールスキンホームページ
  • 入力 2014-05-14 10:04:17