トップ > 数字経済 > マーケティング > ピエールケイテクノロジー、居眠り運転すると警報音が鳴る「OPTIAN」

ピエールケイテクノロジー、居眠り運転すると警報音が鳴る「OPTIAN」

スマートフォンの使用・DMB視聴など、前方注視怠慢による事故危険時に警報音 

  • ピエールケイテクノロジー、居眠り運転すると警報音が鳴る「OPTIAN」
運転中のスマートフォン使用が増加し、これに伴う交通事故も共に増加している。最近の調査によると、前方注視怠慢による交通事故の比率が63.1%に達し、死亡までにいたる運転者もしばしば発生している。これは飲酒運転による事故率をはるかえに超える水準だが、運転者が長い時間身についた運転習慣を直すのは容易ではない。

ピエールケイテクノロジー(代表パク・グァンイル)は、このような運転者のためにアダスカム「オプティアン(OPTIAN)」を出した。オプティアンは「最上の」という意味を持つOPTIMALと「目の」という意味を持つOPTIから取った名前で、最高技術を通じて自動車のもうひとつの目になって運転者の安全を守るという意味が込められている。オプティアンは先進国ではすでに広く知られている先端運転者支援システム(ADAS)を搭載している。このシステム技術では、前方追突警報システム(FCWS)、車線離脱警報システム(LDWS)、前車出発の通知(Beep&Watch)とフルHDブラックボックスなどがある。

オプティアンはピエールケイテクノロジーが保有するリアルタイム映像処理技術を通じて、走行中の道路の車線と車線内前方車両を認識する。

スマートフォンの使用・DMB視聴など、前方注視怠慢あるいは居眠り運転による事故の危険に直面した時に警報を鳴らして運転者の安全を守る。また、フルHD2チャンネルブラックボックスを通じて、事故の瞬間を逃さず録画し事後処理に役立つ。製品の問い合わせは電話(1577-5937)またはホームページ(www.plk.co.kr)にするとよい。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-05-14 15:10:04