トップ > 数字経済 > マーケティング > マーケティングの力、世界3大玩具業者に登りつめたオーロラワールド

マーケティングの力、世界3大玩具業者に登りつめたオーロラワールド

kor.auroraworld.com 

「韓国の中小企業は技術を開発するのにたいそう集中します。しかし、国外マーケティング戦略を立てるための努力は相対的に足りない傾向にあります」

ドイツ中小企業の専門家として通じる中小企業研究院のキム・グァンヒ選任研究委員は、「中小企業の輸出増大のためには、グローバル企業や国内大企業のマーケティング事例を勉強し、適用してみる努力が必要だ」としながらこのように語った。キム研究委員は、「中小企業が輸出強小企業へと跳躍するのに技術と品質は必須要素です。しかし、技術と品質をすべて備えた企業だからといって、外国で必ずしも成功するわけではありません」とし、「これを適切に活用する戦略が必要だ」と注文した。

  • マーケティングの力、世界3大玩具業者に登りつめたオーロラワールド
玩具製造業者のオーロラワールドが優れた技術とブランドを備えたからといって、無条件に輸出に成功できたわけではなかった。

1981年に設立されて以来、注文者商標付着生産(OEM)方式で縫製人形を30年間つくってきたオーロラワールドは、蓄積された技術力を基盤に独自ブランドもリリースした。しかし、国外マーケティングに対する力量が皆無の状態であり途方にくれた。オーロラワールドは、自社の長所である研究開発(R&D)人材を十分に活用した。開発者が直接外国を回りながら外国バイヤーを通じ、輸出する時に製品の長所と短所を把握するようにした。

開発者が直接乗り出し、マーケティングスタッフができなかった専門的な説明をバイヤーに十分に提供することができた。オーロラワールドのキム・ヨンヨン常務は、「開発者が乗り出して直接長所を説明するなり、世界市場でオーロラワールドに対する信頼度が高くなった」とし、「オーロラワールドが世界3大玩具業者に登りつめることができたのは、R&Dとマーケティングを有機的に結合したから」だと語った。

現在、オーロラワールドは売上1200億ウォンを上げ、売上のうち95%以上を輸出から得ている。
  • 毎日経済_企画取材チーム /写真_オーロラワールドFacebook | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-05-18 17:10:51