トップ > 数字経済 > マーケット > プロ野球の平均年俸1億ウォン時代開く...億台年俸136人

プロ野球の平均年俸1億ウォン時代開く...億台年俸136人


プロ野球選手の平均年俸が史上初の1億ウォンを超えた。億台年俸選手も15人増えて136人と、歴代最多だ。

韓国野球委員会によると、外国人選手と新人選手を除いたプロ野球10球団の登録選手の年俸総額は507億4500万ウォンだった。

  • プロ野球の平均年俸1億ウォン時代開く...億台年俸136人
  • ハンファイーグルスのキム・テギュンは15億ウォンで最高年俸1位の座を守った。写真=MKスポーツDB

平均年俸として計算すると、1億638万ウォンだ。2010年以降、毎年歴代最高額を更新した中で、1億ウォンを突破したのは初めてだ。昨年の9517万ウォンより1121万ウォン(11.8%引上率)が上がった。

球団別では韓国シリーズ3連覇をとげたサムスンが1億4050万ウォンで最もギャラが高かった。昨年のストーブリーグで太っ腹な投資を行ったハンファは8623万ウォンから1億1564万ウォンと、34.1%引き上げられ、引き上げ率1位を占めた。

億台年俸選手も増加した。昨年よりも15人増えて136人と集計された。歴代最多の人数だ。136人のうち23人は今年初めて億台の年俸隊列に上った。15億ウォンのキムテ・ギュン(金泰均、ハンファ)が最高年俸1位を占めた。

ポジション別では、サムスンのチャン・ウォンサムが7億5000万ウォンで投手部門最高額を記録した。カン・ミンホ(ロッテ)は10億ウォンで、以前に自分が立てた歴代捕手最高年俸記録(5億5000万ウォン)を塗り替えた。

チョン・グヌ(鄭根宇、ハンファ)は7億ウォンで、2年連続二塁手部門の最高年俸を記録し、チェ・ジョン(崔延、SK)が7億ウォン、カン・ジョンホ(姜正浩、ネクセン)が4億2000万ウォンで、それぞれ三塁手と遊撃手部門の最高年俸の座を守った。外野手部門ではイ・ビョンギュ( 李炳圭、LG9番)が8億ウォンで1位に上がった。

外国人選手と新人選手を除いた選手たちの平均年次は8.7年となった。昨年の7.8年から約11ヶ月が増えた。

今年登録された選手は1月31日時点で、既存選手477名と新人選手92人、外国人選手28人を含めて総597人が登録した。去年の553人より44人が増加し、歴代最多の人員だ。監督・コーチ220人を含む選手団全体の人員も、歴代最多の817名だ。

ポジション別では投手が283人で、全体人員数の半分に近い47.4%を占め、次いで内野手147人(24.6%)、外野手113人(18.9%)、キャッチャー54人(9%)の順だ。

選手の平均年齢は27.2歳だった。平均身長は182.8cm、平均体重は86kgと記録された。
  • MKスポーツ_イ・サンチョル記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-02-26 09:43:19