トップ > 数字経済 > 経済 > チョンセ→ウォルセ誘導...議員立法規制審査

チョンセ→ウォルセ誘導...議員立法規制審査

政府「経済革新3ヶ年計画の推進方策」を見てみると/オンラインショッピングの輸出拡大、海洋水産新産業の育成 

政府は住宅市場正常化のため、チョンセ(一括保障金)のウォルセ(月極め家賃)転換を誘導することにした。このために、チョンセ・ローンの規模を減らし、過熱したチョンセ市場の需要を下げて、家計負債の負担も軽くすることにした。政府はまた、国会議員らによって作られた議員立法規制に対する審査制を導入することにした。政治論理によって作られた規制を、事前に遮断するという意図だ。これとともに、オンラインショッピングで輸出を拡大する方案を用意して、農水産物や文化コンテンツ、医療サービスの輸出を促進する方案も樹立することにした。

毎日経済新聞が12日に入手した関係部処合同「経済革新3ヶ年計画推進方策」資料によると、政府はこのような内容を骨子とした3カ年計画の推進方策を作成した。政府はこれを各部処に通達した後に意見収斂過程を経て、来る2月末までに最終案を作成する予定だ。

政府は3カ年計画に住宅市場正常化のための細部項目として、「チョンセのウォルセ転換を含む」という内容を明示的に含めた。

政府関係者は「公共機関であるLH(韓国土地住宅公社)の負債負担で、民間で賃貸住宅事業を行わなければならない状況で、高いチョンセの比重が大きな負担となっており、チョンセのウォルセ転換を誘導する必要がある」とし、「チョンセ金の下落と家計負債の減少、民間賃貸市場の活性化の両方を図ることができ、関係部処の協議を経て、チョンセ融資の規模縮小などの政策を出すだろう」と明らかにした。

この資料には、経済革新推進方策の主要な課題として、オンラインショッピングを通じた輸出の拡大方案も含まれていた。政府は新貿易を通じた輸出食品の創出のために、農水産物や文化コンテンツ、医療サービスの輸出も促進することにした。すべて世界の市場として浮上している中国や東南アジアをねらったアイテムである。

輸出のプラットフォームとしては、オフライン中心から脱して、オンラインショッピングを積極的に活用することにした。現在、中国・インド・ベトナムなどで人気を集めているTVショッピングなど、オンラインショッピング・モールが外国に根を下ろせば、国内の中小企業の商品を直接販売できる、強力なチャンネルができるという点に注目している。

政府はこのために、30万ウォン以上の決済時に公認認証手続きを踏まなければならない等、厳格な個人認証手続きを海外では簡素化する方案に対しても検討していることが伝えられた。

投資促進のための規制改革は、この間に規制の積み重ねの迂回通路として指摘されてきた議員立法も含まれる。議員立法はこれまで、政府部処のすべての規制審査の対象から除外されたが、朴槿恵政府にはいって規制審査を拡大しつつ、議員立法もここに含めることに意見が集まった。

この他にも、投資関連規制のうちの禁止項目のみ原則として指摘する「ネガティブリスト」を積極的に導入し、各種規制の時限を明らかにする「日没制(時限立法)」を拡大する案も盛り込まれている。

政府が躍動的な革新経済のために具体的に打ち出した新産業育成モデルも目を引く。政府は省エネ技術(スマートグリッド) 、電子航法システム( e -ナビゲーション) 、種子を新産業の例としてあげ、エネルギーと海洋水産、農業を新たな食品産業として育てなければならないと強調した。

朴槿恵政府の経済革新3ヶ年計画では、将来のために種をまくよりは、期間内に実を摘むことのできる目標に集中することにした。「3カ年計画推進方策」によると、政府は「成果目標は可視的な成果を、最大限早期に導出する方向で前向きに設定し、 3年め以降の成果を集中する方式の目標設定を止揚する」と明示した。
  • 毎日経済_チョン・ボムヂュ記者/パク・ユンス記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-12 17:45:26