トップ > 数字経済 > 統計 > ヨンジョン島に「韓国版ラスベガス」...複合リゾート団地の造成

ヨンジョン島に「韓国版ラスベガス」...複合リゾート団地の造成

外国人カジノの申請、5ヶ所中複数許可 

  • ヨンジョン島に「韓国版ラスベガス」...複合リゾート団地の造成
政府が仁川(インチョン)・永宗(ヨンジョン)島に外国人カジノが含まれた複合リゾートを複数で許可する案を推進している。少なくとも、シンガポールのような大型複合リゾートが2つ付いている集中クラスタを作るという構想だ。大型海外複合リゾート会社5社が、仁川のヨンジョン島に外国人カジノ設立の意向を政府に表明したことから確認された。

9日、国務総理室・企画財政部・産業通商資源部などの省庁によると、政府が昨年10月、外国人カジノの経済自由区域設立に対する事前審査制を公募制に変えるという立法予告を行って以後、パラダイス(韓国)の他に米国系1社、日本系1社、中国系1社などが公募に応じる意を政府に明らかにした。

昨年、事前審査制を通して入ったリポ&シーザーズ(米・中合作)は、投資規模を増やして要件を補完して、事前審査に再び応じた。政府は5つの外国人投資家がすべてヨンジョン島に複合リゾートを計画することにより、当初の1つの複合リゾートのみ許可しようとした計画を全面的に再検討することにした。

政府はヨンジョン島を複合リゾートクラスタとして造成し集積化させることで、シンガポール、マカオだけでなく、日本、中国、フィリピンなどと競争する方案を推進中だ。許認可の主体である文化体育観光部は、ヨンジョン島に最適のクラスタ規模を見つけるための研究に着手し、その結果によってヨンジョン島複合リゾートクラスタの規模が決定される見通しだ。

政府関係者は「シンガポールは10兆ウォンを投資したし、フィリピンは4つの複合リゾート団地を承認した」とし、「外国人だけでなく、国内企業も含めたコンソーシアムの形で、少なくとも5つに集積化させればこそ国際競争力が生まれる」と語った。特に5つの外国人投資家は、ヨンジョン島の空港と首都圏隣接性、人口100万人以上の都市51が仁川周辺にあるという点、中国の北部地方に高額資産家の70%が集中しており、シンガポール、マカオに比べて競争力が高いことなどに集中すると伝えられた。

毎日経済新聞もこのような現実に着目し、昨年3月22日「ワンアジア都市宣言」という主題の国民報告大会を開き、ヨンジョン島のカジノやレジャーが合わさった「無ビザファン(Fun)アイランド」として育成することを提案している。

毎日経済新聞はこのための最も緊急の課題は、カジノを含む複合レジャータウンを完成することだと主張した。産業研究院によると、複合リゾートが3つだけ許可されただけでも10兆4000億ウォンの投資が行われ、運営5年めまでに40万7000人の直・間接雇用が誘発されると予想する。現在、65.3%である雇用率(OECD]基準)が67%まで高くなり、朴槿恵政府の目標値である雇用率70%達成度が可視圏に入ってくる。外国人観光客は2016年から300万~400万人に増えると研究員は展望した。

政府は、カジノ事業申請の事前審査根拠を明文化し、公募できる事項を規定した「経済自由区域の指定及び運営に関する特別法一部改正法律案」が今年上半期中に国会を通過すれば、事業者を対象に公募を実施する計画である。

複合リゾートクラスタ案は、外国人投資の誘致とサービス産業の競争力で周辺国に押されてはいけないという大統領府と政府の強い意志が下敷きになっている。
  • 毎日経済_シン・ヒョンギュ記者/チョン・ソグ記者/キム・ユテ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-09 17:34:52