トップ > 数字経済 > 企業 > 韓国マッコリ、中国で売れる愛精酒、知ってみると...

韓国マッコリ、中国で売れる愛精酒、知ってみると...


  • 韓国マッコリ、中国で売れる愛精酒、知ってみると...
伝統酒専門企業である「麹醇堂(クッスンダン)」は、台湾市場に昨年から輸出を始めた缶マッコリ「アイシング」が現地テストマーケティング以降反応が良く、台湾内のコンビニであるセブンイレブンオンラインマーケットに入店するなど、輸出が本格化していると3日、明らかにした。

麹醇堂は今年、台湾への輸出が17万缶程度の販売高を上げるものと予想している。中国への輸出も可視化している。アイシングの中国輸出は昨年4月にテストマーケティング次元で初めての輸出を始め、昨年上半期中に北京と上海でサポーターを募集して試飲イベントを開催するなど、現地への製品アピールに積極的に乗り出した。

その結果、中国内でテスト用に輸出された「アイシング」は中国に「アイス柚子マッコリ(氷柚 瑪克麗)」というブランドで輸出されているが、「アイシング」が中国語で愛精を意味する「アイチン」と発音が似ており、若い層からは「愛精酒」というネーミングで呼ばれながら、韓流ブームとともに人気を集めている。中国では今年、24万缶程度販売されるものと期待している。

麹醇堂の関係者は、「中国と台湾で若い層での韓国伝統酒であるマッコリに対する関心が高く、持続的な市場拡大が予想される」とし、「これは韓流の影響により韓国文化に対する関心が高まった点が大きく役立っている」と分析した。

一方、去る2012年に初披露した麹醇堂の「アイシング」は、開発段階から世界市場進出を念頭に置き、世界的な酒類トレンドである低アルコールならびにRTD(Ready to Drink)コンセプトで開発した製品だ。外国人になじみのある熱帯フルーツであるグレープフルーツ果汁を添加し、すっぱい味と優れた清涼感でマッコリのしつこさを補完した。
  • 毎経ドットコム_イ・ミヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-04-03 14:18:24