トップ > 数字経済 > マーケット > 韓国はいまブラックフライデー、ファッション雑貨を最大90%割引販売

韓国はいまブラックフライデー、ファッション雑貨を最大90%割引販売


景気低迷に流通業規制できびしい一年を送った流通業界が、年末を迎えて今年最後のセールを大々的に繰り広げる。

今月初め、デパートの今年最後のセールに引き続き大型マート、オンライン・モール、アウトレットなどの流通業を網羅して、最大90%爆弾セールで消費者の来店を掴む。

去る4日、‘韓国版ブラックフライデー・セール’を標榜し、一日だけファッション雑貨を最大90%割引販売して稼いだロッテが、今度はその2弾としてロッテマートで1000個あまりの主要生活必需品を最大50%安く販売する割引行事を12~18日実施する。

ロッテマートのチェ・チュンソク商品本部長は「年末年始を迎え大型マート型ブラックフライデーと呼ばれるほどの規模と割引幅で、今年最後の割引行事を準備した」と説明した。

行事で披露する主要品目として、農心‘辛ラーメン’(5つ入り)は15日まで4日間、ロッテ・KB国民・現代カードで決済するとき通常価格に比べて10%ほど安い2850ウォンで出す。コカコーラ(1.8リットル)とチルソンサイダー(1.8リットル)は35%ほど安くそれぞれ1550ウォンで、オリオン・チョコパイ(27入り)は20%ほど安く5760ウォンで販売する。

また育児の必需品であるおむつは‘多多益善(多ければ多いほど良い)’行事を進め、3ボックス以上購買時に10%割引として出す。

インターパークでは家族や知り合い、隣り近所に贈り物をおくる記念日である‘ボクシングデイ’を控え、12日から26日までLEDテレビ、デジタル一眼レフカメラなどの生活家電40種あまりを最大50%で割引販売する‘インターパーク・ボクシングデイ’を進める。

インターパークは企画展オープン日の11日に、LG製スマートTV‘47LN 5400’を国内最低価格の99万ウォンで出したのに続き、‘キヤノンEOS-100D’‘ソニ-フルHDカムコーダ’などを50%まで割引販売する。

シンセゲ・サイモンはプレミアムアウレットすべてを累積訪問者4000万人突破記念として、今月中旬まで大々的な割引行事を実施する。ヨヂュ(驪州)プレミアムアウレットでは19日まで、ジョルジオ・アルマーニ、バーバリー、ドルチェ&ガッバーナなどのラグジュアリーファッションブランド商品を最大90%割引した価格で販売する。またナイキ・ファクトリーストアでは冬のアウター・ベストを最大70%割引販売し、アディダスは冬物パディングを40%割引で出す。

シンセゲ百貨店は13日、英国デパートであるジョン・ルイスの生活用品オフシーズン行事を開催する。
  • 毎日経済_キム・ヂュヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2013-12-11 12:00:00