トップ > 数字経済 > 企業 > 「きっちり一日で配送」サムスンの挑戦

「きっちり一日で配送」サムスンの挑戦

テレビ・エアコン・除湿機、家電の「弾丸配送」 

サムスン電子は24時間内の配送に挑戦する。サムスン電子は今月、サムスンカーブドUHD TVを購入する顧客を対象に、「24時間内に配送」体制を運営すると2日、明らかにした。午後7時前に店頭でカーブドUHD TVを購入すれば、翌日に配送を受けることができる。済州島といくつかの島嶼・山間地域は、24時間以内の配送から除外される。サムスン電子の関係者は、「ワールドカップの二日前に購入すると翌日に配送され、翌日早朝の試合を観覧できる」と説明した。

現在、サムスンの家電製品を注文した後に配送されるまでにかかる時間は、最短2日から一週間を超えることもある。24時間配送体制は、サムスン電子の新たな挑戦だ。24時間配送のために商品在庫を十分に確保しているか、生産にかかる時間が極端に短くなければならない。また、全国各地にあまねく流通網を確保しなければならず、配送・設置人材を備えて、十分な教育・訓練が行われなければならない。

サムスン電子はブラジル・ワールドカップを契機に、まずカーブドUHD TVから24時間以内の配送を実施する。サムスン電子の製品配送と設置は子会社のサムスンロジテックが引き受けている。サムスンロジテックは配送・設置人材を、当分の間はカーブドUHD TVに集中配置する方針だ。このため、最近まで配送・設置人材のカーブドUHD TV設置教育に力を注いできた。

サムスン電子はカーブドUHD TVに続き、エアコンも24時間内の配送を推進することにした。例年より早く訪れた夏の暑さを、消費者が一日も早く回避できるように助けるという趣旨だ。このためにサムスンロジテックと協議して、近いうちに冷蔵庫・洗濯機の配送・設置人材を、エアコン優先で配置する案も検討中だ。サムスン電子の関係者は、「夏が近づくほどエアコンの購入が増えており、特定の日に購入が殺到する可能性があるので、24時間内のエアコン配送・設置は保証できない」とし、「しかし、内部的に避けられないケースを除いて、24時間内の配送を原則とし、営業に取り組んでいる」と語った。

専門の運搬・設置技師が必要な製品はテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどだ。除湿機・掃除機・扇風機など他の家電製品は、消費者が直接持って帰ったり、専門技師ではなく一般的な技師でも配達処理を行える。サムスン電子のマーケティング担当者は、「世界的なサッカーフェスティバルを迎え、テレビの需要が急増している状況で、世界初のカーブドUHD TV発売に続き、顧客が待たずにサッカーフェスティバルを楽しむことができるよう、国内初カーブドUHD TVの24時間内配送システムを備えることで、サムスン電子だけの差別化されたサービスを提供できるようになった」と語った。
  • 毎日経済_イ・ヂンミョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-06-02 17:26:28