トップ > 数字経済 > 統計 > LGのスマートフォン「G3」販売台数1千万台を期待

LGのスマートフォン「G3」販売台数1千万台を期待

初期販売、G2の倍増/超高画質画面が人気を集め...ミュージックビデオの「サイ」のシワまで 

初期販売、G2の倍増/超高画質画面が人気を集め...ミュージックビデオの「サイ」のシワまで

  • LGのスマートフォン「G3」販売台数1千万台を期待
スマートフォン市場でLG電子の疾走が本格的に始まった。

LG電子は2000年代半ばに「チョコレートフォン」で全盛期を享受し、世界的な携帯電話の強者として浮上したが、以後のスマートフォン市場では適切に対応できず、下落の勢いに乗った。その後、肩を並べていたサムスン電子と新たな強者として浮上したアップルが、世界のスマートフォン市場を占領する姿を何年も見守るしかなかった。遅まきながらGシリーズとGプロシリーズを出して反騰の機会を狙ったが、競合他社に比べて弱いブランド力と、「LGフォンは劣る」という消費者の偏見が障害として作用した。

しかし、今年を基点に雰囲気が変わるようだ。LG電子が先月28日、「シンプル、新しいスマート(Simple is the New Smart)」というスローガンの下でリリースした戦略スマートフォン「G3」が大ヒットを飛ばし、序盤の突風を継続している。国内製造業界と移動通信業界によると10日、この日の時点でG3の累積販売台数は約15万台に達した。去る6日までに13万台を販売し、一日平均の販売量は1万3000台を誇る。前作のG2が序盤の10日間、一日平均7000台を販売したことに比べて2倍近く販売されたわけだ。

G3が序盤の突風をそのまま維持していけば、LG電子の目標である「テンミリオンセラー」になるのは時間の問題だという意見が業界から出てくる理由だ。LG電子のパク・チョンソクMC事業部社長は先月、製品発売の懇談会で「(G3)を全世界で1000万台以上を販売する」と明らかにした。

海外市場ではまだ発売前だが、外国メディアの賛辞が続いている。米国の「CNET」は「G3はゲームチェンジャーになるだろう」と評したし、ITメディアの「BGR」は「G3はサムスンのGALAXY S5を、古くて旬を過ぎたように見えるようにする」と報道した。IT専門メディア「Engadget」は100点満点で91点を付けた。サムスン電子のGALAXY S5が83点だった点を勘案すれば、G3がさらに高い点数を得たわけだ。加えて、時事週刊誌の「タイム」と経済専門誌「フォーブス」も、G3の画面解像度とカメラ性能に対して好評をまくしたてた。

LG電子は全社的に、G3の販売に死活を賭けている。G2に比べて2ヶ月以上前倒しで発売したこともそのためだ。IT製品があまり売れない時期である8月を避けて、G3の販売量を最大限に引き上げ、スマートフォン市場で「世界3位」の地位を固めるという戦略だ。

LG電子はG3の海外出荷スケジュールに合わせ、積極的なマーケティングも予告している。G3は順次、世界100カ国の170あまりのキャリアから販売されるが、このうち80%以上の業者に、来月までに供給が終了する予定だ。今月中にヨーロッパ・アジア・中東・アフリカなどで発売され、来月に米国・日本・中南米地域での販売を開始する。

LGの関係者は、「成長性に重きを置いて市場を攻略していたG2とは異なり、今回は成長性と収益性を同時に考慮する方向でのマーケティング戦略を編んだ」とし、「G3はLGのスマートフォン・ブランドを一段階跳躍させる製品になるだろう」と説明した。

G3はLG電子の強みである「画質」が浮き彫りになったと同時に、いっそう改善されたデザインと技術力がよく合って、消費者の心を捕らえた。G3に初めて搭載された超高画質(QHD)画面は、鮮明さに影響を与える画素数が、一般高画質(HD)の4倍(1440×2560)に達する。特に動画を見るときに、他の競合製品に比べて画質が格段に良いことを感じられる。実際に、ユーチューブにつないで歌手「サイ」の新曲ミュージックビデオ『ハングオーバー』を流してみると、高画質(フルHD)画面を適用した製品とは異なり、サイの額にあらわれたしわやスヌプドクの黒い髪一つ一つが鮮明に見えるほどだ。

カメラもG3の大きな強みだ。G3は写真を撮るときに、レーザーを撃って被写体との距離を測定する「レーザオートフォーカス」機能を適用し、暗い場所でもすばやく焦点を合わせてくれる。

前面カメラで「セルカ(自分撮り)」をする時も手のひらを開いて握ると、別個に撮影ボタンを押さなくても3秒後に自動的に写真が撮れるので便利だ。

製品デザインは、背面が曲線で処理されてより高級になり、既存のアイコンがさらにシンプルに再デザインされた。LG電子側は、「頻繁に使用する機能をさらに強化することに集中した」と明らかにした。
  • 毎日経済_ソン・ユリ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-06-10 17:16:29