SKテレコム、キャラクターフィーチャーフォン「ハローキティフォン」を発売


  • < SKテレコムはハローキティ(Hello Kitty)フォン >

SKテレコムは24日、専用キャラクターのフィーチャーフォンである「ハローキティ(Hello Kitty)フォン」を来る27日に発売すると明らかにした。

ハローキティフォンは、特定顧客のニーズを反映して企画したフィギュア形態のフィーチャーフォンだ。△キャラクター製品を好む子ども △子どものスマートフォン中毒を心配する親 △セカンドフォンを好むキダルト族などが主な顧客だ。

ハローキティフォンは、人気キャラクター「ハローキティ」の外観デザインとユーザー体験(UX)を適用した。子ども基準で、74グラムの軽量と片手に収まる横58ミリ、縦77ミリの小さなサイズが特徴だ。バッテリー持続時間は、待機時間が14.9日、連続通話時間が5.4時間を記録した。子どもの安全を考慮し、2キロの力が加わると自動的に解けるように設計されたネックバンド(ネックレス)をインボックス提供する。また、△0番のキーパッドを長押しすると、あらかじめ指定された6人に携帯電話の位置を自動的に送信する機能を実装し、 △電磁波吸収率(SAR)1等級の承認のためのアンテナの再設計を行った。

ハローキティフォンの出庫価格は18万5900ウォンで、公示支援金13万ウォンを受ければ2年約定基準で月の割賦元金2329ウォンで購入できる。12歳以下の顧客は、「ティーンジュニア標準プラス」プラン加入時に月1万1000ウォン(付加価値税を含む)で利用可能だ。

ハローキティフォンは、限定的に販売される。SKテレコム公式オンラインモール「Tワールドダイレクト」で、この日から予約販売を開始し、27日に正式発売する。オフライン店頭販売は3月初めから進行される。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 キム・ギョンテク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-02-25 08:50:50