LG電子、次世代技術でスポーツ照明に挑戦


  • LG電子PLS照明

LG電子がスポーツ照明市場攻略に乗り出した。選手と観客の目に披露を少なくしなければならないのはもちろんで、温度・湿度・埃によく耐えなければならないため、高い水準の技術が要求される製品がスポーツ照明だ。

LG電子はアルゼンチンのプロサッカーリーグ、名門球団サンローレンソのホーム球場にPLS(プラズマライティングシステム)照明を設置したと3日、明らかにした。PLS照明はランプに電気的刺激を与えるとプラズマ状態で明るい光を出す原理を利用した照明システムだ。プラズマとは気体にエネルギーを加えるとイオン化粒子がつくられ、電気的に中性を帯びる状態のことをいう。PLSは電子レンジに使用されていた技術を証明器具に導入したもので、LG電子が世界で初めて常用化に成功した。

昨年、プロ野球LGツインズ2群競技場である京義利川のLGスポーツコンプレックス、京義南楊州の社会人野球場に設置されながら、既存の競技場照明であるメタルハライド照明を代替するものと期待を集めている。グローバルスポーツ照明市場はこれまでフィリップスの庭だった。全世界のスタジアム照明の半分以上をフィリップスの高圧メタルハライド照明の「アリーナビジョン」が占めているほどだった。
  • 毎日経済_ハン・イェギョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-03 17:09:57