GE副会長「韓国企業と協力して海外発電を受注」


「昌原工場は優れた製造能力を持っている。韓国の設計・調達・施工(EPC)企業と協力して、海外発電プロジェクトの受注に積極的に参加するつもりだ」

ジョン・ライスGE副会長は「GE昌原」を、GEのグローバル中核事業にするという抱負を明らかにした。ライス副会長は韓国をはじめ、米国外の全地域のビジネスを統括している。

GEは1976年に韓国に初めて進出した。ライス副会長は、30日に開かれたGE昌原工場の竣工式に出席するため韓国を訪問した。ライス副会長は29日、毎日経済との単独インタビューで韓米自由貿易協定(FTA)から4次産業革命まで、最近のホットなトピックについて本人の見解を果敢に明らかにした。

まずドナルド・トランプ大統領が再交渉を示唆した韓米FTAについて、ライス副会長は「どのFTAでも改善できる有効なアイデアがあれば、オープンで柔軟でなければならない」と言いながらも、「どんな環境でも韓米経済協力関係は保護されるという点に留意しなければならない」と述べた。

韓米FTAだからといって絶対不変の協定ではないが、両国がFTAを通じてそれぞれ恩恵を受けているだけに、慎重な再交渉の議論が必要だという意味で解釈される。

文在寅(ムン・ヂェイン)政府が推進している中小企業の強化、石炭火力発電所の抑制などの政策について、ライス副会長は肯定的に評価した。彼は「GEは成長するために、中小の企業と協力しなければならないという点を常に認識している」とし、「ムン・ジェイン政府が焦点を当てている中小企業の強化にも協力できる」と述べた。石炭火力発電に対しても、ライス副会長は「発展途上国の場合、まだ発電用エネルギーとして石炭への依存度が高く、一朝一夕に石炭火力発電所をすべてなくすことはできない」とし、「長く使用すると効率が低下し、環境に悪影響を与える部分を改善する努力が必要な状況だ」と説明した。 GEはこれまで40年間、韓国の石炭火力と原子力発電用タービン発電機はもちろん、液化天然ガス(LNG)複合火力発電用設備を供給している。

ライス副会長は昌原工場のビジョンも発表した。昌原工場で生産する排熱回収ボイラ(HRSG)は半分以上が輸出用だ。ライス副会長は「着実に事業を成長させていくことが第一の目標」だとし、「韓国のEPC企業と協力して、海外発電プロジェクトの受注に積極的に参加する」と強調した。

GEは製造業のスマート化・デジタル化を最も率先して推進している企業だ。 GEが開発した「Predix(プレディクス)」は機械・機器などから発生するビッグデータを入手・分析して工場運営を最適化する、世界初の産業用インターネットプラットフォームだ。ポスコやハンファ、韓国電力などはスマートファクトリ実現のためにGEと手を握った。ライス副会長は「デジタルでの協力が成功するためには、協力する両側の企業が同等の意志と確信を持たなければならない」とし、「韓国企業はそのような点を充分に認識しており、新たな機会を見つけることができるものと期待している」と述べた。

工場のスマート化やデジタル化で雇用が大幅に減少するとの懸念については、「第4次産業革命の時代にはすべての仕事は基本的に変わることになるだろう」とし、「変化の速度はより速く続くので、技術の変化を理解することができるように教育に多くの投資が行われなければならない」と強調した。

30日、GEパワーは慶南の昌原(チャンウォン)でHRSGの研究開発・設計・製造などの総合能力を保有しているGE昌原工場の竣工式を開催した。 GEは昨年8月、3000億ウォンで斗山建設のHRSG事業を買収した。

HRSGはガスタービンで発生する出力ガスの熱とエネルギーを蒸気タービンに伝達し、エネルギー効率を極大化させる装置だ。ガスタービンや蒸気タービンとともに、LNG複合火力発電所の3つの主要機器にあげられる。これにより、GEパワーはGE昌原事業所の供給能力をさらに拡大していく計画だ。

カン・ソンウクGEコリア総括社長は「GE昌原の発足でGEエネルギーの発電分野で韓国内の力量がいっそう向上するだろう」と述べた。
  • 毎日経済_ムン・ヂウン記者/写真=キム・ヂェフン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-05-31 07:39:44