トップ > 数字経済 > 企業 > サムスン電子、米国ニューベリーに家電工場を設立

サムスン電子、米国ニューベリーに家電工場を設立


  • サムスン電子、米国ニューベリーに家電工場を設立
サムスン電子は米国サウスカロライナ州ニューベリーに家電工場を設立する。

サムスン電子の関係者は22日(現地時間)、「ニューベリーに家電工場を設立することを決定した」とし、「早ければ来週に家電工場の建設用地を公式に発表するつもり」だと発表した。

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)もこの日、サウスカロライナ州チャールストンから北西に241キロメートルの地点にあるニューベリーが有力だと報道した。サムスン電子は3億ドル(約3429億ウォン)を投資して、洗濯機の生産ラインから稼動して、冷蔵庫やオーブンなどの家電に生産を拡大する方案を模索している。

最近、米家電メーカーのワールプール社がサムスン電子とLG電子の洗濯機を相手に米国際貿易委員会(ITC/International Trade Commission)にセーフガード(緊急輸入制限措置)を申請するなど、米国内の保護貿易主義の気流が激しくなっており、現地生産の必要性が継続して提起されている。

サムスン電子は米国の家電工場用地を検討したが、既存の工場の建物を利用して工事期間を最大限に短縮する方針を決めた。昨年、米国の重機製造企業キャタピラ社がニューベリーで稼働中の工場を閉鎖することを決定したが、サムスンはここを家電工場用地として活用するものと思われる。来年から本格的な生産体制に突入するとみられる。

ドナルド・トランプ米国大統領が自国の雇用創出のために外国企業の製造工場の誘致に力を入れている中で、サムスン電子の家電工場の投資は、来週にせまった韓・米首脳会談に対する潤滑油の役割を果たすものと期待される。サムスンの今回の投資で500人ほどの雇用創出効果が予想される。

サムスン電子の関係者は、「一部のメディアではサウスカロライナ州のブライスウッド(Blythewood)に工場用地が事実上決定されたという報道が行われたが、これは過去のバージョン」だと述べた。

この地域は他の企業が先取りしたことから、サムスン電子はニューベリーに方向を定めたという観測が提起された。実際にサムスンの関係者がニューベリーを訪問したとWSJは伝えた。

サムスン電子はサウスカロライナ州とアラバマ州などをめぐって、最も有利な家電工場用地を決定するために緻密な検討作業を進めてきた。これに先立ち、LG電子はテネシー州クラークスビルに2億5000万ドルを投資して、2019年上半期までに洗濯機工場を建設すると発表した。
  • 毎日経済ニューヨーク=ファン・インヒョク特派員/ソウル=キム・ドンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-06-23 16:15:20