今年の夏のファッションは「サンダル」がトレンドに


何気なくおしゃれなスタイルと快適さで武装したサンダルが、今年の夏のファッションアイテムとして急浮上している。

30日、シューズショップABCマートによると、5~6月のサンダルの販売量は前年比で130%以上増加した。カジュアルサンダルを中心に人気を呼んだ過去とは異なり、今年はサンダルが夏の「代表くつ」として定着しているという話だ。

同社は最近「日常の中の運動」を意味する「エスルレジャー」熱風が浮上しながら、履き脱ぎが楽で実用的な靴を求める消費者が増えたためだと分析した。かかとを包み込む部分がないバックレスシューズが人気を呼び、高級ブランドでもデザイナーサンダルが大挙に発売されている。

ABCマートは夏場のサンダル需要の増加に支えられ、主力製品である「ロックオンスライド」の物量を前年より3倍以上増やした。他にもスポーツサンダルから革サンダルまで、様々な製品で商品を多様化した。

昨年に高い販売量を記録したホーキンスのロックオンスライドは、履き脱ぎが便利な基本のサンダルスタイルにストラップとバックルを加味し、スポーティズムな感性を強化した製品だ。

ABCマートの関係者は「バックレスシューズの人気に支えられ、履き脱ぎが楽で何気なく見せながら洗練されたスタイルの演出が可能なサンダルへの関心が高まった」とし「カジュアルルックからオフィスルックまで多様に似合い、今年の夏のサンダル人気が続くだろう」と伝えた。
  • デジタルニュース局 キム・ギュリ記者
  • 入力 2017-06-30 09:48:29