総保有コストを検討…最も「お得」な小型車は?


電気自動車(EVカー)が世界的に大きな関心を集めている。最近、顧客に引き渡され始めたテスラの普及版EVカー「モデル3」は、世界中で一日の注文量が1800台を超えるほどの爆発的な人気を得ている。韓国では1回充電時の走行距離が383キロメートルに達するシボレー「ボルト(Bolt)」が、4月の発売と同時に「完売」記録をうち立てることもした。電気自動車は環境に優しいうえ、顕著に運用費も安いという特徴がある。

政府レベルで環境にやさしい車に対する各種税制上の支援があることから、購入の負担も減る傾向にある。ただし、いまだに不足する充電インフラと補助金を除けば、同じようなクラスの車に比べて車両価格が高いという点などは電気自動車の購入を気軽に決定できない困難な障壁となっている。

毎日経済新聞は4日、電気自動車の経済性を正確に分析するために、類似したクラスのハイブリッド車とディーゼルエンジン車、そしてガソリンエンジン車の代表車種を選定し、「総保有コスト(TCO/Total Cost of Ownership)」を比較した。 TCOは自動車先進国である米国や日本、ヨーロッパなどでは消費者が車を購入する際に必ず考慮する必須要素だ。車両価格だけでなく、年間の運行に必要な燃料費と保険料、税金や整備費などが含まれる概念であるためだ。

純粋な電気自動車には現代自動車の「アイオニック・エレクトリック」、ハイブリッド車にはトヨタの「プリウス」を選定した。ディーゼルモデルはルノーサムスン「SM3」、ガソリン車にはシボレー「クルーズ」を選んで比較した。4つの車種はすべてベーシックモデルに基準にし、ソウルに居住する「独り暮らしの35歳男性」が初めて購入し、保険も加入したケースを想定している。

車両価格だけを見れば、電気自動車のアイオニック・エレクトリックが4000万ウォンで最も高かった。車格はアバンテサイズの準中型より小さいにもかかわらず、車両価格は現代自製「グレンジャー」とキア自製「K7」などに迫る。トヨタ製プリウスEが3270万ウォンですぐ後に続き、ディーゼルのルノーサムスン製SM3 1.5 dCi SEが1995万ウォン、ガソリンエンジンのシボレー製クルーズ1.4ターボLSが1690万ウォンで最も安かった。

電気自動車には政府と地方自治体から補助金がある。ソウルを基準にして現在、政府補助金1400万ウォンに自治体の補助金550万ウォンを受けることができる。ここから取得税200万ウォンの減免などを考慮すると、総購入価格は2100万ウォン台に下がる。ハイブリッド車の補助金は100万ウォンに過ぎない。それでも取得税140万ウォンの減免が可能になり、各種税金などを合わせると実際の購入費用は3238万ウォンになる。補助金と税制優遇のないディーゼルとガソリン車の購入費用は、それぞれ2147万ウォンと1819万ウォンだ。

購入費用と同じくらい重要なのが、年間の運行関連の費用だ。代表的には燃料費と保険料だ。電気自動車のアイオニックは1キロワットの電力で6.3キロメートルを走らせることができる。自宅で70%、外部で30%を充電すると仮定すると、キロワット当たりのコストは92.7ウォンほどだ。 1年に1万キロメートルを走るとすれば、運行に必要な費用は15万ウォンあれば十分だ。

燃費がリッターあたり21.9キロメートルのプリウスが、同じく1万キロメートルを走行したときの費用は70万ウォンほどだ。ディーゼル車のSM3の燃費はリッター当たり17.2キロメートルで、プリウスに比べて燃費は低いがディーゼル燃料の価格は15%ほど安く、総運行コストは77万ウォンでプリウスと大きな差はなかった。ガソリン車のシボレー・クルーズは114万ウォンまで上がる。

S損害保険会社の「ダイレクト保険」(35歳男性1人に限定し新規加入、対物・自損など)に加入することを想定すると、保険料まで含めて1年間の維持費用は、アイオニックは98万ウォンだ。プリウスとSM3が160万ウォン台で同じようなもので、シボレー・クルーズは195万ウォンで最も高かった。電気自動車の1年間の維持費用は、燃費の良いハイブリッド車とディーゼル車の60%水準というわけだ。

税金を含めると、電気自動車の魅力はさらに際立っている。自動車税は排気量に関係なく、年間13万ウォンで同じだからだ。排気量1800㏄のトヨタプリウスの税金が46万ウォンで最も高く、SM3とクルーズは25万~26万ウォンで同じようなものだった。

別途に整備費がかからないと仮定したときの車両の購入初年度に支払う費用は、アイオニックが2216万ウォン、プリウス3453万ウォン、SM3 2337万ウォン、クルーズは2040万ウォンと調査された。

車の価格が安いクルーズが1年間のTCOを計算したとき、最も有利であるわけだ。保有期間がのびて3年目のときは、電気自動車のTCOが最も有利だと計算された。ディーゼル車も4年目にはガソリン車を上回った。ただし車両価格が高価なハイブリッド車のプリウスは、長期運行をしても大幅に利益を得ることはできない構造であることが分かった。
  • 每日経済 イ・スンフン記者
  • 入力 2017-08-04 17:04:52