思潮大林、水・鍋のいらない「ちゃんぽんおでん湯麺」発売


思潮大林は「大林鮮ちゃんぽんおでん湯麺」を発売したと24日に明らかにした。

この製品は、特殊製作をしたアルミ直火容器に生うどんとちゃんぽんおでん鍋を個別包装し、水と鍋なしですぐに食べることができるのが特徴だ。直火容器を鍋として活用し、ちゃんぽんおでん鍋を沸かしたあと、生うどんを入れて約50秒間さらに沸かすだけで食べることができ、野外活動時にも便利に利用することができる。

ちゃんぽんおでん鍋には、練り魚肉の含有量が86%以上のスケトウダラ練肉で作られた棒・ボール・正方形の練り物とこんにゃく、ちゃんぽんスープが含まれている。手打ち式製麺工法で作られた湯専用生うどんは、しこしこした食感を楽しむことができる。価格は1個(510グラム)3980ウォンだ。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 ペ・ユンギョン記者 / 写真=思潮大林 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-26 09:00:00