最近、外国人投資家が保有している韓国10大グループ上場会社の株式価値が1か月で16兆ウォン以上減少


最近、調整場勢が続き、外国人投資家が保有している国内10大グループ上場会社の株式価値が、1か月のあいだで16兆ウォン以上減少したことが分かった。

金融情報会社FNガイドによると、外国人が保有している国内10大グループ95の上場会社の株式評価額は24日現在、349兆2000億ウォンと集計された。

1か月前である先月24日の365兆9000億ウォンから、16兆7000億ウォン(-4.56%)減少したものだ。

グループ別に外国人の株式評価額の増減率をみると、GSグループが同じ期間に3兆1000億ウォンから2兆8000億ウォンと9.77%減少し、最大の減少率を示した。

次にサムスングループ(-7.14%)、新世界グループ(-6.72%)、SKグループ(-6.18%)などの順で、外国人保有株式の価値が下落した。

しかしLGグループは、同じ期間に32兆1000億ウォンから33兆6000億ウォンと4.69%増加した。
  • 毎日経済 ホ・ソユン編集部記者 / 写真=photopark.com | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-29 09:00:00