新概念カラーフードクレンズ スムージーバー「Froozer」、29日からロッテホームショッピングで放送


スムージーキングコリア(代表取締役、チェ・ソンジェ)とクァンドン生活健康(代表取締役、チェ・スンボム)が米国現地から単独輸入して発売した新概念カラーフードクレンズ スムージーバー「Froozer(フルーザー)」の2次アンコール放送が、8月29日午後6時40分からロッテホームショッピングを通じて行われる。

会社の関係者は「今回の放送は、8月2日の1次放送時に購入できなかった顧客たちの関心と声援に力づけられて企画され、より多様な製品情報やプロモーションの機会を提供する計画だ」と説明した。

特に放送以後に行われた試食イベントを通じ、「これまで韓国に紹介されていない新しいカラーフードクレンズ スムージーバーに対する顧客たちの高い期待を確認した」と明らかにした。

これと共に顧客の声援に対する感謝の意味で、「製品名当て」や「ロッテホームショッピング2次放送『本放死守』」など様々なオンラインイベントを8月中にFacebookを介して行われ、そのイベントに参加した顧客のうち200人にスムージーキングの「ギフティコン」を贈呈すると発表した。

アメリカ直輸入製品であるFroozerは、果物が最もおいしく栄養があるときに収穫し、現地で急速凍結(IQF)させたあとに果物、野菜以外には水が一滴も入らないという特許を受けた製造技術で作られたリアルニュートリション製品で、9種の果物や野菜の4つのカラー(レッド、イエロー、ブルー、パープル)栄養素で体の栄養バランスを維持するのに助けになるという利点を持っている。

フルーツ本来の味と栄養を生かし、滑らかな食感で子供から大人まで誰もが楽しめる製品だ。特に体の栄養バランスを合わせ、インナービューティーに関心が高い人々にとって助けになることが期待される。放送中にのみ、既存の24パックに6パックを追加した合計30パック(1か月分)の構成セットを59900ウォンで特別販売する。
  • 毎経ドットコム | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-28 16:30:50