トップ > 数字経済 > 経済 > ソウルの森近郊で超高層ビル競争…「Trimage」上半期に供給

ソウルの森近郊で超高層ビル競争…「Trimage」上半期に供給


  • ソウルの森近郊で超高層ビル競争…「Trimage」上半期に供給
斗山重工業は来る上半期にソウルの森近隣に分譲予定である超高層アパート「PROJECT D(仮称)」の団地名を「Trimage」と確定し、本格的に分譲準備に取り掛かる。

斗山重工業が2年ぶりに準備した「Trimage」はソウルの森一帯、漢江沿いスカイラインを変える超高層マンションとしてお披露目される予定だ。

「Trimage」は「3つになった」を意味する「Tri」と映像・印象・イメージという意味の「image」が結合した新造語でパノラマ展望、プレミアム施設、ホテル式サービスをそれぞれ3つの要素でイメージ化し表現しており、既存のマンションでは見ることができなかった新しい住居パラダイムを提示、先頭していくという意味を込めている。

斗山重工業関係者は「Trimageはソウルの森に最も隣接した最高の立地に特化された商品と品格高いホテル士気サービスを供給するなど、最上のハードウェアに最高のソフトウェアが結合したリミテッドエディションのような団地として披露する」とし「誰でも一度は必ずや暮らしてみたい最高の名品団地として作る計画」だと話した。

「Trimage」はソウル城東区聖水洞1街547-1番地一帯に地下3階、最高47階4棟、総688世帯規模で作られ、小型から大型ペントハウスまで多様なタイプで供給される。入居は2017年上半期を予定している。

この団地は漢江の水流とソウルの森、そしてソウル都市の全景を一望できる。江辺北路のすぐ前にそびえ、ソウルの森と漢江市民公園を自分の家の中庭のように利用することができる点もメリットだ。

盆唐線「ソウルの森」駅が徒歩で約5分の距離にあり江辺大路、オリンピック大路、東部幹線道路、内部循環道路へのアクセスが良い。聖水大橋を越えれば狎鴎亭、永東大橋を越えれば清潭洞と接続されて江南へのアクセスも便利だ。

斗山重工業は「Trimage」を居住者のためのホテル式サービスが提供される名品住居空間として作り出す計画だ。特級ホテルレベルの朝食サービスと最高レベルのセキュリティ(保安、警備)はもちろんのことリネン、掃除、バレーパーキングサービス、ポーターのようなコンシェルジュサービスまで導入する予定だ。超大型ゴルフ練習場と最高級サウナとスパ、ゲストハウスなどプレミアムコミュニティ施設も供給する。
  • 毎経ドットコム イ・ミヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-21 11:37:19