最近5年間のあいだ、国家公務員の3544人が飲酒運転で懲戒処分


昨年、国家公務員の1175人が「飲酒運転」で懲戒を受けていたことが分かった。

人事革新処によると、最近5年間で3544人が飲酒運転で懲戒を受けた。

特に2015年の624人から、昨年には1175人に急増した。

5年間のあいだの飲酒運転懲戒者数を部処別でみると、教育部が1948人で最も多く、次いで警察庁310人、国税庁237人、科学技術情報通信部(旧・未来創造科学部)216人、法務部210人などの順だった。

国家公務員のうち「性違法行為」で懲戒を受けた人は、2012年から最近5年間のあいだで586人と集計された。

類型別では、性暴力286人、セクハラ219人、売春81人の順だった。
  • 毎日経済 ホ・ソユン編集部記者 / 写真=photopark.com | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-31 09:00:00