最近5年間で摘発された麻薬事犯、2倍近く増加したと集計


最近5年間のあいだで摘発された麻薬事犯が、2倍近く増えたことが分かった。

特に10・20代の麻薬事犯が目に見えて増加した。

警察庁によると麻薬事犯数は、2012年の5105人から昨年には8853人に増え、ことし上半期だけでなんと5115人が検挙された。

2012年以降、ことし6月までに摘発された麻薬事犯の数は、合計3万7533人と把握された。

年齢別では40代が1万1773人と最も多く、30代(9709人)、50代(6018人)、20代(5236人)の順だった。

10代の麻薬事犯は2012年には27人に過ぎなかったが、2015年94人、2016年81人と着実に増加傾向を続けている。

20代の薬物事犯も2012年の600人から昨年には1327人に急増し、ことし上半期にも825人が検挙されている。
  • 毎日経済 チョ・ソンジュン編集部記者 / 写真=photopark.com | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-09-01 09:00:00