トップ > 数字経済 > 企業 > 「女優キョン・ミリ パクト」人気にAGE 20's累積売上高3000億ウォン突破

「女優キョン・ミリ パクト」人気にAGE 20's累積売上高3000億ウォン突破


  • 「女優キョン・ミリ パクト」人気にAGE 20's累積売上高3000億ウォン突破
生活ビューティ企業の愛敬は5日、機能性化粧品AGE 20'sがブランド発足4年10ヶ月にして内部売上高を基準に累積売上高3000奥ウォンを突破したと明かした。女優キョン・ミリを掲げてホームショッピングにて「キョン・ミリパクト」という名前で知られているエッセンスカバーパクトの成功が功を奏した。

2012年11月に機能性メイクアップブランドとしてホームショッピングを通じて初めて披露されたAGE 20'sは、翌年9月にエッセンスカバーパクトを発売した。現在シーズン8製品が販売中であり、GSホームショッピングとCJオーショッピングにて完売記録を続けている。

シーズン1からシーズン8まで総413回の放送中264回が完売するほどの人気だ。

これによりAGE 20's売上高も急上昇を見せた。2013年約34億ウォンだったブランド売上高が2014年153億ウォン、2015年539億ウォン、2016年1126億ウォンを記録した。約4年にして年間売上高1000奥ウォンブランドに成長したことになる。特に今年に入り月平均100億ウォンの売上高を記録し先月末までに売上高1240億ウォンを達成、すでに昨年の年間売上高を越えた。愛敬は今年、年間売上高1500億ウォンを問題なく越えることができると期待している。

愛敬関係者は「エッセンスカバーパクトが消費者から着実に人気を得たことで、ブランド売上高を牽引した」とし「ファンデーションに高濃縮水分エッセンスを68%配合したエッセンスポケット技術で潤いながらもカバー力のある製品を作ったことが成功要因」だと説明した。

販売チャンネルの多様化も効果があった。百貨店であるAKプラザ水原店に公式販売店がオープンしたことに続き、免税店にも進出したことでホームショッピング以外の売上高が2015年2.8%から2016年28%、2017年上半期47.7%まで拡大した。

愛敬は現在二番目の公式販売店開店を準備中だ。

愛敬は今年から機能性化粧品ブランドイメージをさらに拡大していく方針だ。ブランド代表イメージとして位置づいているエッセンスをブランドコンセプトに連結しエッセンスカバーパクトの他にエッセンスとクリームといった機能性スキンケア製品を増やすこととした。

愛敬関係者は「機能性製品ラインを増やし海外進出も拡大していく」と付け加えた。
  • 毎日経済デジタルニュース局ペ・ユンギョン記者 / 写真=愛敬 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-09-05 11:32:19