キドゥ、新概念の安全ベルト人形「ハグドール(Hugdoll)」発売

kidu.co.kr 

一般自動車に取り付けられた安全ベルトは成人の背(170cm)に合わせて設定されている。このため、これより体格が小さい子供が安全ベルトを着用すると、肩ベルトが首の部分を横切って通り過ぎる。このため、多くの子供たちが安全ベルト着用に不便さを訴えて着用を嫌がったり、正しくない方式で安全ベルトを着用する。

子供搭乗者のためのジュニアカーシート、安全椅子、安全ベルトガードなどが市中に販売されているが、子供たちが愛着を持つのに不適合で、車両間の移動が不便だという短所がある。このため、現在多くの親たちが安全不感症で適切な措置なしに安全ベルト未着用状態で子供たちを自動車に搭乗させている。

これに対し、韓国スタートアップ「キドゥ」は、子供たちも既存の安全ベルトを楽に楽しく着用することができるように助ける幼児安全ベルト人形「ハグドール」を世界で初めてキックストア(www.kickstore.co.kr)を通じて発売した。

ハグドールは安全ベルトに装着して使用する人形として使用者が自由に持ち運び、全てのの車両で容易に使用できるように作られた製品だ。ハグドールは人形内部に安全ベルトを貫通させられるように、非対称的な穴があけられられていて、子供の首の部分を行き過ぎた肩ベルトの位置を正してくれる。また、子供が人形を抱いて人形の首と頭の部分に自然にもたれることができるようにデザインされ、子供たちが抱いて、もたれて、眠ることができるようにしてくれる。

特にハグドールは、2014年世界3大デザインアワードに選ばれるiFデザインアワード(iF Product Design Award)を受賞し、デザイン的優秀性を立証された。今年の「2014 iFデザインアワード」はBMW、LG、サムスン、現代などグローバル企業の出品作を含めて55ヶ国で4,615個の作品が出品されて激しい競合を繰り広げた。ハグドールは今回の競合を通じて製品の品質、革新性、機能性、安全性、便利性などを総合的に認められて優秀製品で受賞したのだ。

ハグドールは柔らかくて愛らしい人形の姿で製作されているので安全ベルトを不便に思い、したくなくてごねる子供たちに素晴らしいプレゼントになることが期待される。
  • 毎日経済_イ・デホ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-18 09:55:56