DROPTOPが健康を意識した「イエローフード」商品を新発売


コーヒー飲料が秋色に染まっている。完全な秋となるやカフェ業界は「イエローフード」を活用した新商品を続々と披露している。イエローフードは暖かな雰囲気を与える黄色-オレンジ系列の食品を意味する。主にゆず、みかん、オレンジ、栗、かぼちゃ、五味子などだ。

この系列の食品はビタミンC、オメガ3が豊富で、天候が寒くなってくると免疫力強化食品として人気が高まる。

コーヒー専門店DROPTOPは秋を迎えて最近「りんごゆず茶」と「聞慶五味ゆず茶」を発売した。「りんごゆず茶」はビタミンが豊富なアップルティーに酸味のあるゆずを加えたお茶メニューだ。ブレンドティーに対する消費者の需要が高まり新たに開発したとDROPTOP側は説明した。価格は4300ウォンだ。

「聞慶五味ゆず茶」は聞慶五味子とゆず、キキョウを入れて作った飲料だ。五味子特有の甘酸っぱい味が強みだ。価格は4500ウォン。

この他にもハンラボン茶が代表的なイエロー飲料だ。「ハンラボン茶」は砂糖漬けしたハンラボンの果汁と果肉に熱い湯を注ぎ提供するメニューだ。甘酸っぱさとともにハンラボン特有の香りを楽しむことができる。ハンラボンは抗酸化剤として知られるカロテノイド成分が多く、疲労解消と風邪予防に向いているものと知られている。価格は5300ウォンだ。

DROPTOP関係者は「寒い天気により健康を気遣おうとする消費者が日に日に増え、イエローフードが入ったお茶製品の人気が高まっている」とし「ビタミンCが豊富なブレンドティー製品で暖かな秋と冬を過ごして欲しい」と話した。

クレンズジュースの人気も安定している。DROPTOPは先月体内毒素排出を助けるクレンズジュース3種を発売した。「イエローパンチ」、「オレンジサマー」、「グリーンデイズ」だ。クレンズジュース3種は砂糖と水を入れず100%果実と野菜だけをコールドプレスしたジュースだ。体の中を浄化する効能があり、夜に飲んでも負担が少ない。果物そのものを摂取するよりも体内吸収がスムーズだ。価格はそれぞれ4800ウォン。

健康に焦点を合わせた新メニューも登場した。「よもぎ穀物ラテ」、「オート紅参ラテ」が代表的だ。

「よもぎ穀物ラテ」は多様な穀物とよもぎが調和した製品だ。「オート紅参ラテ」は食物繊維が抱負なオートミールと免疫力強化を手伝う紅参を適性比率でまぜた製品。オートミール特有の香ばしい味が魅力的だとDROPTOP側は説明した。どちらも4500ウォン。
  • 毎日経済 イ・ヒス記者 / 写真=DROPTOP | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-10-26 04:01:05